スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『シュガーラッシュ』(Wreck-It Ralph) ゲームキャラ達のエクスペンダブルズ!【2012年11月6日】

  1. スタジオ 赤江珠緒(フリーアナウンサー) 山里亮太(芸人、南海キャンディーズ)
  2. 電話出演 町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  3. ~Setup~
    大統領選挙を決定づける数々のジンクスと町山大好き『エクスペンダブルズ

    赤江 もしもし~町山さ~ん!
    山里 もしも~し!
    町山 はい町山です、よろしくお願いします。
    赤江 よろしくお願いしま~す。
    山里 お願いしま~す。
    赤江 町山さん、もうアメリカは今、大変なことになってますよね。・・いよいよということで。
    町山 あっ、・・大変なことって言うからハリケーンのことかと思いましたけど。
    赤江 ああ、ああ、そちらもね!
    山里 あ、そうか、ハリケーンもあったんですもんねえ。
    赤江 でも、あれも大統領選挙にはやっぱり影響が大きかったみたいですねえ。
    町山 もんのスゴイ、影響がありますよ。
    山里 あ、そうなんですか?
    町山 あの~、大統領選挙、11月に投票があるんですけど、その前の10月に大統領選挙を決定づける重大な事件が起こるっていう、ジンクスみたいなものがあるんですよね。
    山里 はい。
    町山 で、オバマさんが2008年に大統領になった時にはリーマン・ショックがありまして、あれで対立候補のマケインさんが「アメリカの経済は大丈夫だから!」って言っちゃったら、どんどんどんどん崩壊していったんで、あの人の芽がなくなったんですよ。
    赤江 ええ、ええ。
    山里 あ~、そっか。
    町山 で・・今年はなんだろう?と思ったら、10月の終わりにハリケーンが来ちゃったんですね。
    赤江 う~ん。

    町山 これが、何故決定的かって言うと、オバマさんの対立候補のロムニーさんはですね、
    赤江 はい。
    町山 アメリカに『フィーマ』、『FEMA』っていうんですけども、天災とかが起こった時の災害救助、災害対策庁ってのがあるんですね。
    赤江 はい。
    町山 「それを無くせ」って言ってたんですよ。
    赤江 え?!
    町山 いらないから、お金をカットしちゃった方がいいと、お金が足りないんだからっつって、
    赤江 あ~、そうだったんですか・・・
    町山 そうしたら、ハリケーンが来てメチャメチャになりまして、『FEMA』無しにはどうしようもない状態になって、ま、100人以上死にましたからねえ。
    赤江 う~ん、じゃ、オバマさんにとっては、ホントに、どちらの件もぐっと後押しと言いますか・・・
    町山 そうなんですよ。だから、世の中にとっては災害だったんですけれども、オバマさんにとっては、得票につながってるんですよ。
    赤江 へ~・・・
    山里 そういうので票が動いたりする、ことがあるんですねえ・・・
    町山 ま、大きく動きましたよねえ。特にロムニーさんは、そのあと追求されて、「やっぱり『FEMA』は要ります。」って言っちゃったんで、もう大恥でしたねえ。
    赤江 あっ、そうなんですか。
    山里 あ~、ブレる感じ・・・
    赤江 まあでも、びっくりするぐらい大きなハリケーンでしたもんねえ。
    町山 そうなんですよ、史上最大規模になっちゃったんですよね、なんか、なんだっけ?直径が日本よりも遥かにデカいんですよね?
    山里 えっ?!
    赤江 そうそうそう!
    町山 そう。もう、ウルトラスーパーハリケーンになっちゃったんで、フランケンシュタインみたいに2つのハリケーンが重なったみたいな形らしいんで、『フランケンストーム』とか言われてますよね。
    赤江 あ、そうですか~。
    山里 そんなだったんだ・・
    赤江 じゃ、そんな中で、いよいよ明日がもう大統領選挙という、前夜ということですけれども、なんかもう、お互いのネガティブキャンペーンなんかもスゴイそうですねえ?
    町山 まあ、でももう、決まったようなもんですね!
    山里 え?
    赤江 あ、そうですか?
    町山 はい、オバマさんでしょう。
    赤江 あ、そう?!
    町山 これはねえ、あの~・・メジャーリーグで、サンフランシスコ・ジャイアンツが勝ちましたから。
    山里 え?
    町山 メジャーリーグでサンフランシスコ・ジャイアンツが優勝したじゃないですか。
    赤江 はい。
    町山 4連勝で。
    山里 え?
    町山 ナショナルリーグっていうリーグなんですよ、サンフランシスコ・ジャイアンツって。
    山里 はい。
    町山 ナショナルリーグが優勝した年は、民主党の大統領候補が勝つっていうアレがあるんですよ、なんて言うか、まあこれもジンクスっていうか・・・そういうのがあるんですよ。
    赤江 へ~・・・
    山里 え、それ、今までずっとそうなんですか?
    町山 時々外れるんですけど、オバマさんが2008年に大統領になった時は、フィラデルフィア・フィリーズが勝ってるんですよね。
    山里 ふんふん、ふん。
    町山 で、結構当たってるんですよ。
    赤江・山里 へ~!
    町山 でねえ、他にもジンクスがいっぱいありまして、全て、オバマの勝利を意味してるんですよ。
    赤江・山里 へ~!!
    町山 細かいジンクスがいっぱいあるんですよ、大統領選に関しては。
    赤江 あ、そうなんですか・・・
    町山 これは、このジンクスを全部ひっくり返すってのは、多分、確率論的に不可能に近いんで多分、ないだろうと。
    山里 ジンクスもそんだけ重なった時には、もう、確実なものになるんですねえ。
    町山 1個や2個だったら外れることはありますけど、何個ものジンクスがオバマさんの大統領を示してるとこれは多分、確率論的に掛け算をするから、ほとんどオバマの敗北は無いことになっちゃうんですよね。
    山里 は~・・・
    町山 もんのスゴイ、何百分の1みたいになっちゃうんですよ。
    赤江 へ~・・
    町山 何千分の1とかになっちゃうわけですよ。
    山里 じゃ、もう・・・
    町山 例えば子供選挙ってのがあって、学校で子供に選挙させるんですよ、アメリカでは。
    赤江 は~・・
    町山 これ、その・・・70年ぐらい続いてるんですよ。
    赤江 ええ、ええ。
    町山 72年かなんか続いてて、それで、2回しか外れたことが無いんですよ。
    赤江 あ、すごいですね。
    町山 すごい確率なんですが、これでもオバマさん圧勝になってるんですよね。
    山里 へ~・・なるほど・・・
    町山 ま、これはもう、しょうがないだろうというかんじですけども・・・
    赤江 そっかそっか、接戦て言われてましたけども、もう大分見えてきていると。
    町山 ま、見えてはないですよ、これ、全部、占いみたいな話だから(笑)
    赤江 あ、そっか。
    町山 根拠は全然無いんですけど、科学的な(笑)
    山里 ジンクスだもんね。
    赤江 なんか町山さんに言われたら「そうかな」ってもう、決まったかなっていう気がしちゃいましたけども・・(笑)
    町山 科学的な根拠は、全ッ然、無いんですけれども(笑)、確率論的にはオバマの勝利確定だろうという感じなんですよ。
    山里 だって・・・メジャーリーグの野球の試合の結果とかだからね、今、
    赤江 そうですね。
    山里 それを受けてだから、そりゃ確かに・・(笑)
    町山 そうそう、もうホントに確率だけの話ですけども(笑)、ハイ。
    山里 なるほど。
    赤江 わかりました。じゃ、来週もね、その結果を受けてのお話しを町山さんには伺いたいと思いますけれども、今週も町山さん、プレゼントを御用意していただけたと・・
    町山 はい、プレゼントありますよ!
    山里 スイマセン。
    町山 今ね、『エクスペンダブルズ2』(The Expendables 2)っていう映画を公開しているんですけれども、
    赤江 はい。
    町山 爺さんの・・80年代、90年代の爺さんのアクションスター達で・・
    赤江 スタローンとか、シュワちゃんとかが出る・・・
    町山 家庭崩壊とか、破産とか、売れないとか、
    赤江 いやいや、ちょっとまって、
    山里 町山さん、町山さん、ちょっとね・・
    町山 問題を抱えているお爺さんたちが集まって、一生懸命アクションをしてる、なんかねえ・・・ま、老人ホームが火事になったみたいな映画なんですけれども、
    赤江・山里 (笑)
    町山 それが『エクスペンダブルズ2』って映画ですが・・
    赤江 ボロッボロですね・・
    町山 これの公開に合わせてですね、僕が創刊した雑誌『映画秘宝』からですね、その特集号が出ましてですね、それをプレゼントしたいと思います。ハイ。
    赤江 うん。
    町山 タイトルはですね、『最強アクションムービー決定戦』というですね、ホントに頭が悪い感じのタイトルなんですけども、
    赤江・山里 (笑)
    町山 副題が、『筋肉と爆発のチャンピオン祭り』っていう何を考えてんのかよくわからない、
    赤江・山里 (笑)
    町山 で、スタローン、シュワルツェネッガー、ジャッキー・チェン!ランボー、コマンドー、エクスペンダブルズ2!っていう、もうなんなんだかよくわかんないですが、
    山里 いいですねえ~これ、『暴力、火力、筋力!フルスロットルな男達の謝肉祭!!』
    赤江 謝肉祭!
    町山 謝肉祭!だってこれ、表紙見ると筋肉むき出しの男がたくさん、ビッチリ詰め込まれてますからね~。
    山里 そうですねえ!
    町山 スタローン、ブルース・ウィリス、シュワルツェネッガー、これ、肉々しいねえ・・
    赤江 ホントですねえ。
    町山 なんかスゴイですよ、これ(笑)
    赤江 もう、テカテカですねえ!
    町山 テカテカ!ですからねえ。でも、みんな結構、60ぐらいなんですけどねえ(笑)
    山里 (笑)
    赤江 いや、それを思ったらすごいですねえ。
    町山 そう考えたらすごいですね。
    赤江 確かにそっか、皆さんもう、60か・・・
    山里 いや、これ、日本のね、映画も入ってて・・武田鉄矢の『刑事物語』が入ってるのが・・
    赤江 そうそうそう!(笑)
    町山 あ、そうそう、武田鉄矢さんがこの中に何故いないのか?って思いますよね。この『エクスペンダブルズ』の人に・・出てもおかしくないですよね、ハンガー振り回してね!
    山里 いや~(笑)
    赤江 (笑)入ってたらびっくりですよ。
    町山 『純と愛』とかじゃないだろう!と思いますけどねえ、武田鉄矢さん。
    赤江 (爆笑)
    町山 今、ハンガーだろう!と思いますけども、ハイ。
    山里 さすがに・・(笑)
    町山 はい、よくわかんないですが(笑)、それで、僕が原稿を書いてます。僕はこの中でチャック・ノリスという人について書いてますけれども、はい。
    赤江 わかりました。
    山里 なんか、いろんな方々で書いてるわけですよね。
    町山 そうそう、これTBSのアナウンサーも書いてますよ!
    赤江 ホントですねえ!・・安藤さん・・
    町山 安藤さん、書いてますよ。
    山里 あー!あの銃器マニア!銃火器マニア。
    赤江 あ、そうなんだ。
    町山 そう、もう、大好きですから。マシンガン撃ったりするのが。
    赤江 アンディーさん・・へ~。
    町山 それと、TBSで番組持ってる、ラジオで持ってる、藤木正さんも、TDCさんも原稿を書いてますけど・・あと江頭さんとか・・
    赤江 (笑)
    山里 すごいメンバーで・・・
    町山 どうゆうメンバーなんだ!これ(笑)
    山里 杉作J太郎さんもだ!
    町山 あとコンバットRECとかですね、TOP5に出てますけども、そういう人達が原稿を書いてる本が、その『最強アクションムービー決定戦』なんですけども、
    赤江 はい。じゃ、こちら5名の方にプレゼントさせていただきます。
    町山 はい。
    赤江 こちらが欲しいという方は・・・
    (プレゼント応募告知・・略)

    ~Conflict~
    懐かしのゲームキャラ達が大活躍?!ディズニーの新作『シュガーラッシュ

    赤江 ・・ということで町山さん、今日も、オススメ映画、お願い致します!
    山里 お願いします!
    町山 はい。今日はですね、『シュガーラッシュ』(Wreck-It Ralph)というタイトルの、ディズニーアニメです。
    赤江 はい。
    町山 これはねえ、え~、『エクスペンダブルズ』みたいなものなんですよ(笑)
    赤江 『エクスペンダブル』づいてますねえ、町山さん。
    町山 そう。『エクスペンダブルズ』は80年代、90年代のアクションヒーローで今、仕事が無い人達があつまってるんですけども(笑)
    赤江 うん。
    山里 (笑)
    町山 これはねえ、ゲームなんですよ。・・ゲームの、80年代、90年代の人達がいっぱい出てくる映画なんですよね。
    赤江 へ~・・
    町山 で・・・ちょっと、言ってわかるかな?と思うんですけども・・ザンギエフが出てきます、ザンギエフ。
    山里 そう、ベガもいますよねえ!
    赤江 ストリートファイターの・・
    山里 スト2の!
    町山 そうそうそう!ロシア人の、あの・・・プロレスですねえ。はい。で、ベガとかですね、ソニックの悪役の爺さんとか、名前がパッと出ませんけども(笑)
    山里 そうそう、そう。あと、クッパもいますよ、クッパも。
    町山 あと、『Q*バート』。『Q*バート』って、スゴイ懐かしい3Dゲームがあったんですよ、昔。
    赤江 へ~・・
    町山 はい。そういうねえ、ま、スゴイねえ、渋いとこをついてくるんですけど、あとあの、パックマンで後ろから追っかけてくるオバケがいるじゃないですか。「ワニャワニャワニャワニャ」って・・・
    赤江 あ~、はいはい、
    山里 あのオバケ。
    町山 ああいうのとかがいっぱい出てくるねえ、ゲーム界のエクスペンダブルズを集めた映画がですね、『シュガーラッシュ』なんですよ(笑)
    山里 (笑)
    赤江 へ~・・・
    町山 あ、ドクター・エッグマンだ、ごめんなさい。あのソニックに出てくるのは。
    山里 あ!そうそうそう。
    町山 はい。そういう人達が、まあ、実は、ゲームっていうのは我々が遊んでる間は、一生懸命みんな戦ってるけども、
    赤江 うん。
    町山 遊ぶのをやめると、その人達はやっぱり、仕事でやってるから休むっていう話なんですよ。
    赤江 あ~、そういう設定で。
    町山 これねえ、舞台がゲーセンなんですけども、ゲーセンで「はい、ゲーセン終わり~、閉店~」って閉店すると、みんなが「あ~疲れた。今日も一日働いたな~」って言ってですね、ご飯食べたり家に帰ったり、ねたりするっていうところから始まるんですね、この『シュガーラッシュ』って映画は。
    赤江 じゃあちょっと、『トイ・ストーリー』みたいな感じですか?あの、おもちゃが・・・
    町山 そうそう、『トイ・ストーリー』は、あれ、野坂昭如さんのアイデアだと思うんですけど・・ってオレ、でっち上げてますけど、
    山里 (笑)
    町山 『おもちゃのチャチャチャ』の世界ですからね。子供が寝ると・・・
    赤江 やれやれってなるのよね。
    山里 おもちゃが歩き出して。
    町山 おもちゃの人達が「あ~今日も大変だったな、疲れたなあ」っていう感じで、「アナタ、もう寝ましょうよ?」みたいなことをやるわけですけども、
    赤江 はい。
    町山 あの・・やらないですが、ハイ。
    赤江・山里 (笑)
    町山 このゲームの世界では、例えば、ストリートファイターのケンとリュウでしたっけ?
    山里 はい、主人公。
    町山 いつも「昇龍拳!」「しょーりゅーけん!」、「波動拳!」「はどーけん!」て、ずっとやってるじゃないですか(笑)
    赤江 (笑)はい。
    町山 で、ゲームセンターが「閉店だよ」って言うと、「昇龍拳!・・・もう、昇龍拳とか何百回言わせりゃ気が済むんだよ!!」とか言ってるんですけどね。
    山里 え~!
    赤江 は~・・
    町山 「疲れた、疲れた・・」っていうとこから始まるんですけど、
    山里 へ~・・・
    町山 で、主人公は架空のゲームキャラクターで、「ラルフ」っていう人なんですね。
    赤江 はい。
    町山 このラルフていうのはね、『ドンキーコング』ってゲームがむか~し、ありましたけども、
    赤江 あった~・・・ありました、はい。
    町山 ねえ。あれに出てくるゴリラのコングみたいな、プレーヤーがゲームするのを邪魔して、いろんな物を落としてくるキャラクターなんですね。
    赤江 うん、ビルに登って上から物を投げたりね。
    町山 そうそうそう、それがラルフなんですけども、それがですね、30年ぐらい前のゲームって設定なんで、アーケードの。、
    山里 うん。
    町山 30年も悪役やってきてるから、だんだん疲れてくるわけですよ。
    山里 ほう。
    町山 で、悪役たちはカウンセリングをやってるんですね。
    赤江 (笑)
    町山 悪役を続けるのが辛いから、みんな結構疲れてくるのを互いに励まし合ってるわけですよ、例えばスーパーマリオのクッパとかね。
    赤江 へえ~・・・
    町山 「明日も悪役でガンバりましょう!」とか言ってるんですよ。
    山里 (笑)
    町山 でも疲れてきて、「オレ、もう、やだよ・・」って感じになって、「やっぱり、正義の味方とか、プレーヤー側になりたいよ・・」と。
    赤江 あ~・・・
    町山 言って、ゲームから抜けだしちゃうんですよ。
    山里 ほう。
    町山 で、彼がやってるゲームってのはドンキーコングみたいなゲームだから、プレーヤー側のキャラクターってのがいるんですよね。
    山里 はい。
    町山 フェリックスっていうんですけども、それがですね、悪役が抜けてっちゃったから、仕事になんないから、ゲームが壊れちゃった状態になっちゃうわけですよ、悪役がいないから。
    山里 なるほど。
    町山 で、そのラルフを探しに行くんですけども、ラルフの方はですね、「なんとかお俺も正義の味方として活躍したい」って言ってですね、シューティングゲームの中に入っちゃうんですよ。他のゲームセンターにある他のゲームの。
    山里 ほう。
    町山 そのシューティングゲームは、今1番進んだ技術のゲームで、例えば、『コールオブデューティー』(Call of Duty)とか、『ドゥーム』(DOOM)とか、『ヘイロー』(Halo)とかを足したような、戦闘アクション近未来ゲームなんですね、シューティングゲーム。
    山里 はいはい、リアルな。
    町山 凄いリアルな。・・で、そこに8ビットの『ドンキーコング』のキャラが入っていくっていうとこもメチャクチャなんですけども、
    山里 は~・・面白そう。
    町山 で、もの凄いリアルな戦闘アクションの世界に入ったら、やっぱり大失敗してですねえ、そこから追われてにげてですねえ、
    赤江 ふん。
    町山 今度は女の子向けの、かわいい、可愛い、お菓子の国でレースをするゲームの、『シュガーラッシュ』っていうゲームの中に逃げ込むんですよ。
    山里 ふん。
    町山 そこでは、お菓子の世界で、お菓子のスーパーマリオカート・・まああの、『マリオカート』ってありますよね、レースゲーム。
    山里 はい。
    町山 みたいなのを女の子達がやってるって所に、その、ドンキーコングみたいな破壊屋、破壊するのが仕事のラルフ君が入って行く、と。
    山里 ふ~ん。
    町山 それをさらに、さっき言った戦闘アクション超リアルゲームの中の女兵士が追っかけて来て、で、元のラルフ君がいたゲームのキャラクターも追っかけて来てってことでですね、全然その、世界観も違うし、
    山里 うん。
    町山 コンピューターのスペックも違う(笑)、ゲームのキャラクター達がグチャグチャになって行くって話なんですよ。
    赤江 ・山里は~・・・
    町山 これはねえ、ゲームマニアの人にはねえ、もうメチャクチャ面白いですよ、これ。
    山里 いや、僕らちょうどドンピシャの世代なんですよ。クッパとかスト2とか全部。
    赤江 知ってるキャラクターがね!
    町山 あ、ホントに!
    山里 そう!それが今みたいなボケをやってくれるっていうのがメチャクチャ・・『アベンジャーズ』(Marvel's The Avengers)みたいな感じの・・?
    町山 そうそうそう!『アベンジャーズ』はアメコミでやってましたけど、今回はゲーム版なんですよね。
    山里 で、やってくれるみたいな、ねえ。
    町山 はい。やりました?やっぱりあの、合わせ技、コンボとかやりました?
    山里 やりましたよ!
    町山 ねえ!で、技が出なかったりして、空振りしたりするんですけどね(笑)
    山里 そう!
    町山 悲しいのは春麗(チュンリー)が出てこないんですけどね。
    山里 あ~っ!僕らの青春!
    町山 春麗が出ないスト2なんて、っていう感じですけど、はい。
    山里 結構、青春を捧げましたからね、春麗に。
    町山 捧げましたよねえ、ホントにね(笑)
    山里 スピニングバードキックでねえ、ストップにしてパンツ見えないかなあ?みたいな・・(笑)
    町山 ちょっと、惜しかったですよね。
    赤江 (笑)
    町山 でもねえ、これ結構いい話になってきて、
    赤江 ええ。
    町山 『シュガーラッシュ』ってとこに入ると1人、ゲームに参加させてもらえないプレーヤーキャラクターがいるんですよ。
    赤江 うん。
    町山 それは女の子でですね、ヴァネロペって女の子で、スゴイ、スッゴい可愛い子なんですけども、
    赤江 うん。
    町山 ゲームで、レースカーに乗せてもらえないんですよ、彼女だけ。
    赤江 なぜに?
    町山 で、ラルフ君が「どうしたの?」って言うと、「私は体にバグがあるの」と。
    山里 バグ?はいはい。
    町山 プログラムの段階でなんかバグが入ってて、ノイズが入っちゃうから、みんなに差別されてるんだ、と。でも、どうしてもレースに出たいんだって言うんで、その子がレースに出るのを助けるんですね、ラルフが。
    山里 うん。
    町山 自分もゲームでずっと悪役をやってて仲間外れにされてきたからってことで、彼女を助けて、勝とうとするんですよ、そのレースに。
    山里 ふんふん、ふん。
    町山 ところがね、それで、自分はこの女の子を助けることで正義の味方になれるんだ、ヒーローになれるんだ、と。生まれて初めて。
    赤江 あ~、そうか。
    町山 と、思ったら、そこに、そのお菓子の国の王様が来てですね、
    山里 うん。
    町山 「君、何をやってるんだ!」と。「あのヴァネロペって女の子を何故、我々がゲームに出さないかわかってるのか?」と。
    赤江 うん。
    町山 「ノイズが入っちゃうから、もしこれで、子供が遊んでたら、ゲームで遊んでる人は、このゲーム壊れてますよってゲーセンの人に言うだろ」と。
    山里 あ~・・なるほど。
    町山 「そうしたら、このゲームはプログラム自体に問題があるってことでもって、このゲーム自体が片づけられちゃうじゃないか!」
    と。
    山里 うん。
    町山 「この国自体が、電源を切られて滅んじゃうんだよ!」って言われるんですよ。
    山里 は~・・・
    町山 だから、「彼女を差別するのには意味があるんだ」と、「大多数を救うためにやってるんだ」って言われるんですよ。
    赤江 うん。
    町山 で、「君がやるべき正義っていうのは、彼女を排除することだよ!」って言うんですよ。
    赤江 う~ん・・
    山里 そっか、ゲームの世界を壊さないために。
    町山 そう。これ、スゴイ、「正義とは何か」ってことを問うてる、話ですよ。
    赤江 は~・・そうですねえ。ちょっと大きなテーマになってきましたねえ。
    町山 多くの人達を助けるのが正義なのか。差別されてる僅かな少数の人を助けるのが正義なのか。
    山里 うん。
    町山 ねえ。ていうとこで、主人公が追い詰められたりするところが、非常に良くできた、ディズニーらしいですね、いいシナリオでしたね。
    赤江 へ~
    山里 は~・・なるほど。

    ~Resolution~
    子供から大人まで夢の国に誘うディズニー大王国の野望

    町山 はい。でねえ、このお菓子の国とかもすごく良く出来てるんですけど、そこにリアルな、未来戦闘ゲームのキャラとかが入ってきてどんどんグチャグチャになってくとことかもスゴイですよ(笑)
    山里 あ、面白そうですねえ~
    町山 面白かったですよ、これ。
    赤江 へえ~・・・
    町山 おっさん1人で見てましたけど、まわり、子供ばっかりでしたけども(笑)
    赤江 (笑)
    町山 でもね、子供たちね、みんなね、「波動拳!」とか言ってもね、わかんないの。
    赤江 昔の・・ゲームだとねえ。
    町山 そう、「オレ1人わかってるぜ!」って感じでしたけど。
    山里 (笑)
    町山 『Q*バート』とか出てきても、「みんな、わかってねーな!ガキども!」と思いましたけども、ハイ。
    山里 (笑)
    赤江 1番楽しんでた、みたいな・・
    町山 そんなんで喜んでどうすんのかっていう(笑)・・よくわかんないですけども・・
    赤江 そうですか・・・・
    町山 で、この映画ね、ディズニーの映画なんですけども、非常に良くできた映画なんですけども、ディズニー、大変なことになりましたからね!
    山里 え?大変なことに?
    町山 ディズニーって、『アベンジャーズ』とか作ってる、マーベル・エンターテインメントっていう、『アイアンマン』(Iron Man)とか持ってるのを、あれを買っちゃったんですけども、
    赤江 そうですよ。
    町山 そのあと、『スター・ウォーズ』(Star Wars)のルーカス・フィルムを買っちゃったんで、
    赤江 買収っていうね!どうなるんですか?町山さん?
    町山 映画界の大帝王になっちゃいましたよ。
    山里 そっか!
    赤江 ディズニー王国が・・・ねえ。
    町山 大ディズニー王国ですよ、もう。
    山里 スゴイ!
    町山 ミッキーマウスがデス・スターに乗って攻めてくるような状態になっちゃったからねえ!
    赤江・山里 (笑)
    町山 大変なことになりましたよ、ホントに(笑)
    赤江 出てくるんですかねえ?どっかに隠れミッキーはねえ。
    山里 それも出来るわけですから。
    町山 そう、その話を今日、ちょっと夜、します、詳しく。
    山里 あ、そう!今日、夜も町山さん、出られるんですよね!
    赤江 はい、町山さん、今夜10時からのTBSラジオ、『ニュース探究ラジオ・Dig』に、電話出演ということで・・ホント、ルーカス・フィルムを買収したということでねえ、
    町山 そうなんですよ。うち、近所、実はルーカス・フィルムで働いている人とか、いっぱいいるんですけどね(笑)
    赤江 へえ~・・・
    町山 うちの娘の友達のお父さんとかがそうなんで、そういう裏事情とかも一緒に話します、ハイ。
    山里 お!
    赤江 さあ、今夜10時からもTBSラジオ、お聴きください。
    町山 はい、アメリカでは朝の4時なんで早起きして出ます、ハイ。
    山里 大変だ(笑)
    赤江 そして今週日曜日の午後1時からの、『爆笑問題の日曜サンデー』には、スタジオ出演と、いうことで。
    山里 あら?
    町山 はい、あ、日本行くんですよ、これから。
    山里 あ、そうなんですか。
    町山 はい、だから来週は、たまむすびの方もスタジオにお邪魔させてください!
    赤江 ありがとうございます!
    山里 お!しかも大統領選の話も、お伺い出来るって・・
    町山 そうですね。007の話をします、新作の。
    山里 あ、なるほど!
    町山 はい、来週は。
    赤江 わかりました~。じゃあちょっと、このまま、寝ないで、町山さん、待つという感じですか?
    町山 え、寝ますよ~!そんなもの(笑)
    赤江 あ、1回寝ますか(笑)
    山里 1回寝ますよ、そりゃ(笑)
    町山 目覚まし、頭んとこにおいて、ハイ。
    山里 ハハハ
    赤江 そうですか・・わかりました。じゃあまた、今夜10時に、よろしくお願いします。
    町山 はい、よろしくお願いします。
    赤江 ありがとうございました~!
    山里 ありがとうございました!
    町山 どうもでした!
    赤江 たまむすび、来週お待ちしておりま~す。

    スポンサーサイト
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。