スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『ワールド・ウォー Z』(World War Z)ブラピ最新作は自身の人生も投影した、史上最大の!ゾンビ映画【2013年7月2日たまむすび】

  1. スタジオ  赤江珠緒(フリーアナウンサー) 山里亮太(お笑い芸人、南海キャンディーズ)
  2. 電話出演 町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  3. ~Setup~
    新刊も発売の町山さんが、一週間考えていたこととは・・・

    赤江 それではアメリカ在住の映画評論家、町山智浩さんのお話、伺いましょう。今週もカリフォルニア州バークレーの御自宅からお電話での御出演です。もしもし~、町山さ~ん!
    山里 もしも~し!
    町山 はい、町山です、よろしくお願いしま~す。
    山里 お願いしま~す。
    赤江 よろしくお願いしま~す。
    町山 どうもです。
    赤江 町山さん、ね、今日のメッセージテーマが「ラジオを聴いて行ってみた、やってみた、行動してみた。」ということなんですけれどもねえ、
    町山 はい。
    赤江 あの・・・ちょっとリスナーの方からメールを頂戴しているので、1通ご紹介しますね。
    町山 え、はい。
    赤江 ラジオネームが「アルジャーノンに札束を」さん。お花じゃ無くてね、「札束」という、
    山里 (笑)。
    赤江 35歳男性の方ですが。「ポンコツたまちゃん、もっとポンコツ山ちゃん、こんにちは。TBSラジオ好きですが、ラジオに人生で初メールです。」
    山里 うん。
    赤江 「映画好きの私ですが、以前ほど劇場に足を運ぶ時間が出来なくなった現在、ハズレ作品を引きたくないので最近は『たまむすび』での町山さんの映画紹介を参考に、映画を観に行っています。」
    町山 あ、ありがとうございます。
    赤江 「しかしながら、町山さんの映画紹介が上手いので結局は、観たいけど観ていない作品のメモが増える一方なのです。ちなみに、ここ1年ですと『プロメテウス』『アルゴ』『ルーパー』『キャビン』『クラウドアトラス』を観に行きました。どの作品も満足でき、町山さんに大感謝しております!」という、ねえ・・・。[*1]
    町山 あ、こちらこそありがとうございます。
    赤江 メールを頂戴しておりますよ。
    山里 うん。
    町山 ホントにねえ・・・ありがとうございます。僕も昔はラジオで物凄く、映画を観に行きましたよ、影響されて。やっぱり、淀川長治さんですね。
    赤江・山里 あ~!
    山里 淀川長治さん、ラジオをやってらっしゃったんですか。

    町山 TBSラジオでずっとやってたんですよ。
    赤江 へ~。
    町山 「ラジオ映画劇場」っていうのを。[*2]
    赤江 ええ。
    町山 もう、それに、僕は物凄く影響を受けて。1時間まるごと、映画の話だけを淀川さんが毎週する、っていう。
    赤江 うわ~・・・。
    町山 もう、アレの影響で映画評論家になったようなもんですね。
    山里 へ~!
    赤江 あ、そうだったんですか・・・。
    町山 はい。もう、TBSのお陰ですよ・・・アハハ。
    赤江 ねえ!
    町山 ハイ。
    赤江 ラジオから人生を作った、っていうとこありますねえ。
    山里 そう。だから、ここを聴いて、町山さんみたいになりたい、って思ってる人も、ひょっとしたらいるかも知れないわけですからねえ。
    赤江 うん。
    町山 ん・・・あんまり、なんない方がいいと思いますけどね。
    赤江 (笑)。
    町山 ハイ。映画評論家で食えてる人、ホントにいないですからね。(笑)。
    赤江 さ、そんな町山さんですが・・・また、新しい本を出されたと・・・伺いました。
    町山 あ、ハイハイ、そうなんですよ。今度はね、マンガの評論なんですけれども、
    赤江 ええ。
    町山 えっと・・・『まんが秘宝』というムックでですね、
    山里 はい。
    町山 今日発売です、ハイ。『男のための青春まんがクロニクル』っていう特集のムックなんですけども、[*3]
    赤江 ええ。
    町山 これはまあ、マンガっていうとやっぱ、アクション物とか冒険物とかね、
    山里 はい。
    町山 そういうのが、まあ、少年マンガってのは多いですけども、少年マンガの中に、小さいジャンルとして「青春路線」とか「恋愛路線」ってあるじゃないですか。
    赤江 はい。
    町山 古くは、その・・『まんが道』から始まってですね、[*4]
    赤江 あ~。
    町山 『翔んだカップル』とか・・・ずっとありますよね?[*5]
    山里 はい。
    町山 脈々と。
    赤江 うん。
    町山 そういった物を評論していったものを集めたムックなんですけども。
    山里 ほう。
    町山 僕自身は1本しか原稿を書いてないんですが、
    赤江 うん。
    町山 押見修造先生のですね、
    山里 はい。
    町山 『惡の華』という、今連載中でアニメにもなってるマンガの評論をしてるんですよ。[*6]
    山里 はい。
    町山 そのムックの中で。
    赤江 うん。
    町山 それでこの『惡の華』っていうのはねえ、タイトルはボードレールっていうフランスの詩人の『悪の華』からとってるんですけども、[*7]
    山里 はい。
    町山 そのボードレールの詩っていうのは、人間の中に悪の心があるっていうことを隠してる奴らは偽善者である、っていうようなことを謳ってるんですけども、
    赤江 うん。
    町山 巻頭言でね。で、この主人公は中学生の男の子なんですけれども、ある日、憧れの同級生の女の子の体操着を盗んじゃうんですよ。
    赤江 ふん。
    町山 で、それを、同級生の別の女の子に目撃されちゃうんですね。
    赤江 はい。
    町山 それから、それをネタに脅されて、どんどん異常な道に進んで行く、っていう話なんですよ。
    赤江 うわ~・・・。
    町山 それが『惡の華』っていうマンガで。
    赤江 ええ。
    町山 別冊少年マガジンっていう雑誌・・・少年誌に連載されててスゴイなと思いますけど。
    山里 ふん。
    町山 昔はジョージ秋山先生が、よくこういうとんでもないマンガ(笑)を少年マンガ誌に連載してたんですけど。最近珍しいですが。[*8]
    赤江 うん。
    町山 それについて僕は、タイトルになってる『悪の華』のボードレールの思想とか、萩原朔太郎さんの思想とか、そういった物がどういう影響をこのマンガに与えてるか、っていうことを非常にマジメに、
    山里 へ~・・・。
    町山 評論しましたので。
    山里 ほう。
    町山 ハイ(笑)。是非読んでいただきたいな、ということでリスナーの方にプレゼントします!ハイ。
    山里 あら!
    赤江 そうなんです。
    町山 ハイ。
    赤江 この本をですね、今たまむすびをお聴きの5名様にプレゼントいたします。まさに今日出た、というね、こちら新刊でございますが・・・
    (プレゼント募集告知・略)
    町山 ハイ。あの・・・先週、スーパーマンの話をしましたけども、[*9]
    山里 はい。
    町山 日本でも昔、『スパイダーマン』ていうヒーロー物が、日本の高校生がスパイダーマンになる話として翻訳されてたことがあるんですよ。
    山里 へ~。
    町山 池上遼一先生、って、有名な『男組』とかのね。
    赤江 はい。
    町山 あの人が描いてたんですけども。
    山里 ふん。
    町山 それはスゴくて・・・高校生がスパイダーマンになっちゃうもんだから、
    山里 はい。
    町山 自分は本当はスーパーヒーローで、なんでも出来るんだけど、それを隠して生きなきゃなんないじゃないですか。
    赤江 うん、うん。
    町山 で、悶々とするんですよ。
    赤江 ええ。
    町山 好きな女子高生の・・・自分の好きな女の子のことを延々と想ってですね、オナニーするシーンとか出てくるんですけど、
    山里 ほう!
    町山 あの(笑)・・・少年マンガ誌で、多分初めてのオナニーシーンで、
    山里 へ~!
    町山 しかもそれがスパイダーマンであるという、スゴイ衝撃的なマンガで。僕はそれを小学校の時に読んで、物凄い衝撃を受けましたけども。
    赤江 へ~。
    町山 あれも青春マンガの1つとして、今回のムックに入ってますね。
    山里 へ~・・・。
    町山 あれはもう、結構、トラウママンガなんですよ。『スパイダーマン』、池上遼一って。
    山里 それ、なんていうタイトルなんですか?
    町山 池上遼一、『スパイダーマン』です。今も買えますよ。[*10]
    山里 へ~。
    町山 本屋さんで。
    赤江 ふ~ん。
    町山 是非読んで欲しいです。もう、内容メチャクチャですから。あの(笑)、セックスとバイオレンスばっかりですから(笑)。
    山里 池上ワールドだ・・・。
    町山 ハイ。ま、『スパイダーマン』は是非読んでいただきたい、ということで。
    山里 はい。
    町山 で・・・あ、そうそう、先週ですね、
    赤江 はい。
    町山 スーパーマンの話をしたら、山里さんが、
    山里 はい。
    町山 「僕は普段はメガネをかけてないんですけども・・・」
    山里 ハイ。
    町山 「メガネをかけてなくても、あんまりうだつがあがらないんですよ。」とか言ってたのに、
    山里 はい。
    町山 僕は、「はあ。」と、ただ相槌をうっただけでスイマセンでしたねえ。
    山里 全然!・・・一週間気にしてくださったんですか?
    赤江 (笑)。
    山里 あのやり取りを・・?
    町山 僕、スゴイ気にしてて、
    赤江 何、アソコの部分を気にしてるんですか(笑)。
    町山 「メガネをとったら実はメチャクチャイケメンで、ブイブイ女を泣かしてるんでしょ?」ってツッコむべきだったんですよ、僕は。
    赤江・山里 (笑)。
    町山 プロとしては。あそこで。
    山里 (笑)・・そんなことないッス。
    町山 「いろんな噂聞いてますよ!」とかツッコむべきだったんですよ、僕。そこで。
    山里 いやいや、オレ、それ言われたらはにかむしか出来ないです。
    赤江 (笑)。
    町山 いや~、ちょっと僕、プロとして失敗しましたね、ハイ。
    赤江 (笑)。
    山里 (笑)・・・スイマセン、オレのうだつがあがらないエピソードからそんな気にかけてもらって、ホント申し訳ないです。
    赤江 ホント(笑)・・・。
    町山 (笑)・・・ずっと、一週間考えてました、ハイ。スイマセンでした。ハイ。
    赤江 (笑)。
    山里 (笑)、スイマセン・・・・大丈夫でゴザイマス。(笑)。

    ~Conflict~
    ブラピ製作のゾンビ全世界大戦映画

    町山 で、今日、紹介するのはですね(笑)、
    赤江 ハイ。
    町山 今日紹介するのは、アメリカで大ヒット中の映画なんですけれども、
    山里 はい。
    町山 え~・・・史上最大の!ゾンビ映画。
    山里 ふん?
    赤江 ゾンビ映画?
    町山 『ワールド・ウォー Z』・・・・です。[*11]
    山里 ふん。
    町山 ハイ。で、どう史上最大か、って言うと、これ、写真が行ってると思うんですけども、
    赤江 はい。
    町山 これ、(笑)・・小さくてよくわかんないと思うんですけど、これ、ウジャウジャウジャっと・・・虫みたいなものがウォー!って盛り上がって行く写真が・・、
    赤江 はい。
    山里 あります。
    町山 ありますよね。これ人間なんですよ。
    赤江 え?
    山里 え?!壁になんかね、山みたいになってる・・・。
    町山 そうそう。何千人もの人間が、人間の上に人間が折り重なってですね、
    赤江 え~?
    町山 ウォワー!っと、塊になって動いてる感じなんですよ。
    山里 はい。
    町山 これ全部ゾンビなんですね。
    山里 え~!
    町山 で、今までのゾンビ映画ってのは凄く、シチュエーションとしては、限られた所でゾンビが発生して、って話が多かったんですけども、
    赤江 はい。
    町山 これは「ワールド・ウォー」なんで、全世界大戦なんです。ゾンビ大戦なんですね。
    山里 ふん。
    町山 全世界でゾンビが同時発生して、グッチャングッチャンになる、っていう話なんですよ。
    赤江 そうですよね。なんか、山の中とかじゃなくて、凄く町の中ですよねえ。
    町山 もう、大都会ばっかりなんですよ。
    山里 へ~。
    町山 だからスケールがデカくて。これ、製作費がですね、ゾンビ史上・・・(笑)、ゾンビ映画史上最大の200億円ですね。
    山里 へ~!
    赤江 え~!
    町山 で、ゾンビ映画ってのは、昔から、安くても出来るのがゾンビ映画のいい所だったんですよね。
    山里 あ、そうなんですか?
    町山 だってホラ、『桐島、部活やめるってよ』で、[*12]
    山里 はい。
    町山 ゾンビ映画撮ってるじゃないですか。
    赤江 あ、そうですねえ。
    山里 はいはい、撮ってます。
    町山 神木くんが。
    赤江 はい。
    町山 ああいうことで簡単にゾンビ映画ってのは作れるから、良かったんですよ。
    山里 なるほど。
    赤江 高校生でも作れるぞ、と。
    町山 そうそう。メイクとかいらなくて、血のりがあればゾンビになれちゃうじゃないですか。顔をちょっと白く塗って。
    山里 あ、そっか。で、ゆっくり歩いて。
    赤江 ええ。
    町山 そうそう、そうそう。っていうものだったのが、もう、そういうレベルじゃ無くなっちゃったんですよ(笑)、今回。
    赤江 200億かけた、と・・・。
    町山 そう。それで、どのくらい凄いか、って言うと、まず、主演がですね、ブラッド・ピットなんですよ。
    赤江 はい。
    町山 ブラッド・ピットは今回、製作もしてますね。
    赤江 へ~。
    町山 ブラッド・ピットってのは実はあんまり知られてないんですけど、この人は映画会社の社長さんなんですよ。
    山里 へ~!
    赤江 あ、そうなんですか・・・。
    町山 自分の映画会社を持ってて、「プランB」っていう会社を持ってて。[*13]
    山里 はい。
    町山 今まで作った映画は結構ヒットしててですね、
    赤江 うん。
    町山 『キック・アス』っていう映画も、彼の・・・。[*14]
    山里 あ、え?!
    町山 そうですよ。
    山里 あ、そうなんですか。へ~。
    町山 はい。あと、『ディパーテッド』って映画が、彼は出てないですけども、[*15]
    赤江 うん。
    町山 ディカプリオが出てますけども、あれも彼のプロダクションなんですよ。
    赤江 ふ~ん。
    町山 結構、傑作が多くて。
    赤江 ええ。
    町山 目利きとしては凄く優れてるんですね。
    山里 ふ~ん。
    町山 で、『マネーボール』って映画がありましたけど、[*16]
    山里 あ、はい。
    町山 オークランドエーズっていう野球チームが、お金が無いんで、
    赤江 うん。
    町山 お金が無い中でどうやって勝って行くか、っていうのを、苦労してジェネラル・マネージャーの、ブラッド・ピット自身が演じてるんですけども、
    山里 ふん。
    町山 ビリー・ビーンっていう人がいろいろ苦労する、っていう話が『マネーボール』っていう映画だったんですけども、
    山里 はい。
    町山 あれも彼が映画化してるんですね。自分で、プロデューサーとして。
    赤江 ふ~ん。
    町山 で、あれは凄く画期的な映画だったのは、原作は日本で出てるんですけども、殆どビジネス書なんですよ。[*17]
    赤江 はい。
    町山 つまり、いかに安いコストで人間を集めて、人材を集めて利益を上げて行くか、っていうことの本なんですよ。
    山里 ふん、ふん。
    町山 で、書いた人も経済系の人なんですよ。
    赤江 うん。
    町山 それを、物語にしたんですよ、ブラッド・ピットは『マネーボール』って映画で。
    山里 は~・・。
    町山 ビリー・ビーンっていう男が、非常に苦境に立たされた男が、その中で頑張る、っていう物語に変えたんですよね。ビジネス書を。
    赤江 う~ん。
    町山 これは凄い大変なことで、
    赤江 ええ。
    町山 今回の『ワールド・ウォー Z』も実は原作は物語じゃ無いんですよ。
    赤江 物語じゃ無い?はい。
    山里 え?
    町山 物語じゃ無いんです、これ。
    赤江 うん。
    町山 これ元々ねえ、「ゾンビ対策マニュアル」みたいな、「ゾンビサバイバルマニュアル」っていう冗談本があったんですね。[*18]
    山里 はい。
    町山 これは、ゾンビが世界中に発生しちゃったんで、
    赤江 うん。
    町山 そのゾンビとどうやって戦うか、どうやってゾンビの沢山いる中で生きて行くか、っていうマニュアル本っていうのをでっち上げた人がいるんですよ。
    赤江 武井さんみたいじゃないですか。
    町山 え?
    赤江 武井壮さんのね、動物の戦い方ね。
    町山 ああ、そうそう!そういう冗談本なんですよ。
    山里 へ~。
    町山 あるわけ無いのに。
    山里 はい。
    町山 それを、マックス・ブルックスっていうコメディアン、お父さんは凄く有名なコメディアンのメル・ブルックスっていう人で、
    赤江 うん。
    町山 その人の息子さんが書いたんですけども、
    赤江 へ~。
    町山 で、それの続編で、その「ゾンビマニュアル」が必要な世界ってのはどうなってるか、ってことを書いたのが『ワールドウォーZ』なんですね。[*19]
    山里 ふん。
    町山 これは、物語じゃ無くて、全世界にゾンビが大量に発生していった状況で、それを目撃した人達の証言が、短い証言が沢山集まってるだけの本なんですよ。
    赤江 え?目撃した人の証言が・・・?
    町山 そう。ゾンビ大戦でいろんな目にあうじゃないですか、世界中の人達が。
    山里 はい。
    町山 それを、後からインタビューしていって、聞いていった聞き書きが集まってるだけの本なんですよ。
    山里 は~・・・。
    町山 で、これをどうやって映画化すんの?っていうのがあったんですね。
    赤江 うん。
    町山 で・・・凄く苦労して、ブラッド・ピットは。シナリオを何回も何回も書きなおして、映画を撮影中にも撮影を中断して全部撮り直したりとか繰り返して、
    赤江 へ~。
    町山 やっと出来た映画が、今回の『ワールド・ウォー Z』なんですよ。
    赤江 へ~。
    町山 で、作ってる最中から、これ、映画化、挫折するんじゃないの?とかずっと言われてたんですね。シナリオの書き直しが続いたから。
    赤江 うん。
    町山 で、主人公のブラッド・ピット自身は、今回の映画では国連のですね、職員だった人で。国連で紛争地区、アフリカとかアジアとかにある内戦してる所とかに行って、その紛争解決をするプロフェッショナルがブラッド・ピットなんです。
    赤江 はい。
    町山 で、子供が出来たんで、そういう仕事は辞めて、そういう血なまぐさい仕事は辞めて、家で子育てに励んでるんですけども、
    赤江 うん。
    町山 「子育てに励む」って言わないですね、「子作りに励む」んですね(笑)。
    赤江 (笑)・・・。
    町山 子育てを一生懸命してんですけど(笑)、
    山里 そうですね(笑)。
    赤江 ま、どっちでもいいですよ(笑)。
    町山 どうでもいいですか(笑)。
    赤江 励んでいいです、励んで(笑)。ハイ。
    町山 (笑)。でねえ、交通渋滞にハマっちゃうんですよ。
    山里 はい。
    町山 家族でちょっと、車に乗って移動してたら。
    赤江 はい。
    町山 それで、(おかしいな?)と思うと、もう既にゾンビが溢れてるんですよ、街中に。
    山里 うん。急に。
    町山 これねえ、噛まれると12秒でゾンビになっちゃうんですよ。
    赤江 12秒?
    町山 ゾンビに噛まれると。
    山里 あ、そういうのもマニュアルに書いてあるんですね。
    町山 凄い早いんです。
    山里 ふん。
    町山 しかも、凄い、ゾンビのスピードは早いんですよ。
    山里 え?
    町山 だから、死んですぐっていうか、ほとんど死んでない状態ですからね。すぐゾンビになった人って。
    赤江 うん。
    町山 だから、普通の人間のスピードで襲って来るんですよ。
    赤江 うわ~。
    町山 自動車に乗っててもね、体当たりして自動車のフロントガラスを割ってくるんですよ。
    赤江 え~。
    町山 でもう、大変なことになっちゃうんですけど。
    山里 うん。
    町山 それで全世界同時的に、伝染病みたいなものとしてね、
    山里 ふん、ふん。
    町山 感染して行くんですね、バーっと物凄いスピードで。
    赤江 ほう・・・。
    町山 セリフの中で出てくるんですけど、昔スペイン風邪が流行った時に、人類の何%が死んだ、と。
    山里 はい。
    町山 「あの頃は船しか無かったのに。」と。
    赤江 うん。
    町山 「今、こんな飛行機の時代にそういう病気が流行ったら、どのくらい死ぬと思ってるんだ!」みたいなセリフが出てくるんですよ。
    赤江 ええ。
    町山 これはホント怖いんで。一種の、伝染病の映画に見えるんですね。
    山里 はい、はい。
    町山 ゾンビ映画って言うよりは。
    山里 はい。
    町山 で、その国連の方から、彼らだけヘリコプターで助けられて、アメリカの空母に避難するんですけども、
    山里 はい。
    町山 このゾンビ病を、なんとか解決する手段を見つけて欲しいから、「世界中をまわってくれ!」って言われるんですね。ブラピが。
    山里 はい。
    町山 国連から。
    山里 はい。
    町山 で、「え~!ヤダ!」って言うと、「そうしたら、お前の家族も守ってあげないよ。」って言われて、
    山里 ふん。
    町山 で、娘が2人いるんですけど、家族を守るためにゾンビ病の対策に世界中をまわる、っていう話にしてましたね。
    赤江 ふ~ん。
    町山 ブラピが。
    山里 ふん。
    町山 で、その時に、「でもオレ、医学の専門家じゃ無いんだけど・・・」って言って、「大丈夫、凄い優秀な医者をつけるから。」つって、その医者と2人でですね、天才医者って言われてる医者と2人で、まず韓国に行くんですけども、
    山里 はい。
    町山 着陸してすぐにですね、そのお医者さんがドジって(笑)、自分で自分を撃って死んじゃうんですよ、いきなり。
    山里 え?
    町山 (笑)・・・いきなり。映画が始まって数十分で(笑)。
    赤江 それ・・・お医者さんが重要だったんじゃ無いんですか・・・?
    町山 お医者さんが重要でね(笑)。ブラピはただ、ついて行っただけなのに。
    赤江 うん。
    町山 冒頭で死んじゃうんですよ。冒頭ってことは無いけど、始まってすぐに、映画が。
    赤江 うわ~。
    町山 うわ~!っていう、ね。
    赤江 (笑)。
    町山 で、あとはもう、ブラピがなんとかするしか無い、っていう状況になって行くんですね。
    山里 なるほど(笑)。
    町山 で、「オレもう、何もできないよ!」つって電話すると、その国連の方に電話すると、「え?家族はどうなってもいいの?」みたいな感じで(笑)。
    山里 ふん。
    町山 嫌々、仕事をする、っていう話になってるんですよ。
    山里 (笑)。
    赤江 え~?でも、こんな大量にゾンビが発生しちゃったら、対抗手段はあるんですか?
    町山 対抗手段が無いんでね、かなりみんなパニック状態になって、
    山里 ふん。
    町山 何ヶ所かでキノコ雲が起こって、
    山里 ふんふん、ふん。
    町山 ま、核攻撃まで起こってるんですよね。
    山里 は~・・。
    町山 要するに、都市部を全部ゾンビに占領されてしょうが無いから、都市ごと滅ぼす、つって核を落としたりしてる状況なんですよ。
    赤江 へ~・・。
    町山 ただ、一ヶ所だけゾンビから戦い抜いてる所がある、って言われて行ってみると、それはイスラエルなんですね。
    赤江 はい。
    町山 イスラエルって、パレスチナ人地区を大きな壁で、700キロぐらいの長さの壁で隔離してるんですね。
    赤江 あ~、そうですねえ。
    町山 はい。で、ヨルダン川の西側に住んでるパレスチナ人・・・、パレスチナ人てのは元々そこに住んでた人達なのに、
    赤江 うん。
    町山 それを壁で、壁の向こう側に閉じ込めて、
    赤江 勝手に囲われちゃって、ねえ。
    町山 で、イスラエルの人達が住んでる、首都の側には入れないようにしてるんですけども。
    山里 はい。
    町山 それが功を奏してですね、病原菌が入って来てないんですよ。イスラエルにだけは。首都部にだけは。
    赤江 ええ。
    町山 で、そこにブラピが行くんですけれども。でも、こっち側の方は、西側の方は、壁の向こう側はもう、ゾンビだらけになってて、
    山里 うん。
    町山 次第に、ゾンビの人達が、段々、バラバラに行動してたのが集団行動をするようになるんですよ。
    赤江 うん。
    町山 アリのように。軍隊アリのように。
    赤江 うん。
    町山 それで、人間の上に人間がどんどんと、物凄い勢いで乗って行って、壁を越えちゃうんですよ。
    赤江 あ~・・。
    山里 それがさっきも紹介してもらった、あの写真の・・・。
    町山 そう。これが予告編とかポスターに入ってるシーンなんですよ。
    山里 へ~。
    町山 これが、物凄い撮影ですね(笑)。やっぱりね。CGも使ってますけども。
    山里 は~・・・。
    町山 このシーンが凄まじいですね。
    赤江 ホントですね。

    ~Resolution~
    現実を皮肉る、ゾンビ映画の定石は健在だが、ラストは・・?

    町山 でねえ、これを観てるとやっぱり思うのは、これ、ゾンビの話にしてるけど現実に起こってる話ですよね。
    山里 え?
    赤江 現実に起こってる話?
    町山 だって、イスラエルの壁の東側の方は、物凄く豊かな、金持ちばっかり住んでるとこですよ、イスラエルの。
    赤江 はい。
    町山 オシャレで、
    赤江 うん。
    町山 高層ビルが建って、観光客がいて、
    赤江 うん。
    町山 ブティックがあって、
    赤江 うん。
    町山 レストランがあって、ね。
    赤江 うん。
    町山 ところが壁の向こう側、パレスチナの人達は物凄い貧しい状況に置かれてるわけですよ、現在。
    赤江 うん。
    町山 だから、ゾンビっていうことになってるけど、まさしくそういった形で、貧富の差みたいな物が見えてくるんですよね。
    山里 ふ~ん。
    町山 だって中国は、この話は今回は中国は出て来ないんですけど、原作の方には出てきますけど、中国って、都市部は、田舎の人は入れないんだもん、自由に。
    赤江 あ、そうですよね、うん。
    町山 ねえ。
    赤江 都市部と田舎の人が結婚することも、禁止されてたりしますもんね。
    町山 貧富の差が物凄いんですよ。田舎の人達はもう、水も無いようなとこに住んでて。
    山里 うん・・。
    町山 都市部の人は金が余ってしょうがなくて。フェラーリを3台持ってる、とか、そういう世界ですからね(笑)。
    赤江 う~ん・・・。
    町山 この差、みたいなね、ものっていうものが段々見えてくるんですよ。で、「助けてくれ!」って言いながら、ゾンビが、「お前らばっかり良い思いをしやがって!」って感じで、悠々暮らしてる人達を襲って来る、っていう感じになってくるわけですね。
    山里 ふんふん。
    町山 で、これって難民ですよね。
    赤江 あ~・・・。
    町山 一種の。で、ブラッド・ピットは、奥さんがアンジェリーナ・ジョリーっていう人ですけど。ま、正式に籍は入れてないですけど、まあ、カミさんですけどね(笑)。
    赤江 うん。
    町山 奥さんのアンジェリーナ・ジョリーは、国連の難民対策で親善大使をやってるんですよね。
    山里 はい。
    町山 難民高等弁務官事務所から正式に親善大使として世界各地の紛争地域に行って、難民の人達を支援してるんですよ。
    赤江 ええ、ええ。
    町山 アンジェリーナ・ジョリー自身は。
    山里 うん。
    町山 それで、ブラッド・ピットも一緒について行ってるんですよ。
    赤江 ええ。
    町山 だから、ホントの話に見えてくるんですよ。段々、観てる内に。
    赤江 は~、なるほど~・・・。
    町山 そう。それで、いつもブラッド・ピットは髭とか剃って、髪の毛も切って、いわゆる俳優のブラッド・ピットをやってるんですけど、今回の映画ではブラッド・ピットは私服なんですよ。状態が。
    赤江 へ~。
    町山 髪型も髭も全部、本人の状態で。
    赤江 うん。
    町山 だから、凄くリアルなねえ、ゾンビ映画を通して、現在の世界状況みたいなものが見えてくる話になってますね。
    赤江 あ、じゃ、ただただ恐怖、パニック、っていうんじゃなくて、
    町山 はい。
    赤江 ちょっと風刺してるとこがあるんですか。
    町山 はい。ゾンビ映画ってのはいつもそうなんですよ。いつも何かを表現してるんですよ。実際に現実の政治とかで起こってることとかを。
    赤江 へ~。
    町山 その伝統にはのってるんですけど。ただ、この映画が200億円になった原因ていうのはね、ホントはラストシーンていうのはロシアでゾンビとの大戦争をするはずで、それを撮影までしてたんですけども、
    赤江 うん。
    町山 あまりにも血まみれで、「これは公開できない!」つって、ラストを撮り直してるんですよ、全部。
    山里 え~!あ、そうなんの・・。
    町山 それで、こんなにお金がかかっちゃってるんですよ、これ。
    赤江 へ~。
    町山 で、ラストを撮り直してるんですけども、そのシーンがね、やっぱりお金が無くなっちゃったのかね、なんか、ペプシのコマーシャルみたいになっちゃってるんですね。
    山里 (笑)・・・どんな感じなんだろ?
    赤江 え~?(笑)。
    町山 これはね、どうしてそうなったか?っていうのはねえ、ま、アレですけど・・・まあ、楽しみに観て(笑)・・・(なんでペプシが?)っていうところがね、
    赤江 そうなんだ(笑)。
    町山 クライマックスに出てくるんで、これはまあ(笑)、楽しみに、という感じですけど。
    山里 へ~。
    赤江 ある程度、筋が出来てからじゃなくて、もう、撮りながら何回も・・・。
    町山 もう、クライマックス撮った後で、撮り直してるんです、新しいクライマックスを。
    赤江 へ~。
    山里 で、その資金が無くなったからひょっとしたら・・・スポンサー・・・・?
    町山 多分、ペプシからお金をもらったんだと思うんですけどね。(笑)。
    山里 (笑)。
    町山 ただね、これは、当たったら3部作にするそうなんで、
    赤江 ええ。
    町山 そうしたら、もう、ロシア編もまた復活して元を獲るだろうと思いますけど、
    山里 なるほど。
    町山 ブラッド・ピットはなかなか商売人なんですよ、実は。
    山里 へ~。
    町山 意外な感じですけどね、はい。
    赤江 へ~。
    町山 でね、本人もね、「早く、こんな仕事なんてやってないで、子供の世話だけしてたいよ。」とか言ってる人なんですけどね。ちなみにですね、実際にブラッド・ピットの夫婦は難民の子供を引き取って養子にしてるんですけども、
    赤江 そうですね。
    町山 この映画の中でも、両親を失った男の子を引き取る、ってシーンがあってね、
    山里 へ~。
    町山 まったく・・・(本人じゃないの?オマエ!)っていうねえ(笑)。ブラッド・ピット自身の人生みたいで。それで、いろんなとこに旅行するといっぱいファンが「キャー!」って寄って来るじゃないですか、ゾンビみたいに。
    赤江 はい。
    町山 パパラッチとか。
    山里 あ~!
    町山 なんかバンバン殺しちゃう、みたいなね。パパラッチを(笑)。そういう感じにも見えて。
    山里 (笑)。普段のこのストレスを。
    町山 そう。
    赤江 へ~。
    町山 なかなかねえ、虚実が入り乱れてて非常に面白い映画でした。ハイ。
    赤江 そうですね。で、また、イスラエルとパレスチナのとこに行く、っていうのも、なんかねえ・・。
    町山 そうなんですよ。
    赤江 アメリカの映画で、っていう・・・。
    町山 非常に象徴的なシーンですね。はい。
    赤江 ふ~ん。
    町山 ということで、『ワールド・ウォー Z』でした。ハイ。
    赤江 はい。
    山里 これ、日本で観れるんですよね?
    町山 これ、いつ公開かな?もうすぐですよね?
    赤江 はい。8月にね、公開・・・8月10日から公開予定ということですね。
    町山 はい。これ、ゾンビ映画ですけど血がほとんど出ないんです。
    山里 あ、じゃあ・・・、
    町山 だからお子さんも観れます。
    赤江 (笑)ホントですか?!
    山里 これ、ホントですか?町山さん!
    赤江 ホント~?!
    町山 (笑)・・ハイ。・・ハイ。
    赤江 この写真を見る限り、ちょっと・・・凄まじいですけどねえ・・。
    町山 これねえ、だから、レイティングを減らすために、最後の大虐殺シーンを撮り直しちゃったんですよ。
    赤江 ふ~ん。
    町山 観客が・・・広く観れるように、ってことで。
    山里 へ~。
    町山 ハイ。・・・ということでした。
    赤江 じゃ、いろんなメッセージが込められている、というね。
    町山 はい。
    赤江 ブラッド・ピット主演最新作、『ワールド・ウォー Z』、ご紹介頂きました!町山さん、ありがとうございました。
    山里 ありがとうございました~!
    町山 どうもでした!

    [*1] ・『プロメテウス』(Prometheus)【2012年6月19日】・『アルゴ』(Argo) 【2012年10月16日】 ・『LOOPER/ルーパー』(Looper)【2012年10月2日】 ・『キャビン』(The Cabin in the Woods)【2012年4月24日】 ・『クラウド アトラス』(Cloud Atlas)【2012年10月23日】

    [*2]

    私の映画の部屋―淀川長治Radio名画劇場 (1976年)私の映画の部屋―淀川長治Radio名画劇場 (1976年)
    (1976)
    淀川 長治

    商品詳細を見る

    [*3]

    まんが秘宝 男のための青春まんがクロニクル (洋泉社MOOK まんが秘宝)まんが秘宝 男のための青春まんがクロニクル (洋泉社MOOK まんが秘宝)
    (2013/07/01)
    町山智浩、戸梶圭太 他

    商品詳細を見る

    [*4] 【まんが道】特設サイト(仮)

    まんが道 1 (GAMANGA BOOKS)まんが道 1 (GAMANGA BOOKS)
    (2012/11/20)
    藤子不二雄A

    商品詳細を見る

    [*5]

    翔んだカップル コミックセット [マーケットプレイスコミックセット]翔んだカップル コミックセット [マーケットプレイスコミックセット]
    ()
    柳沢 きみお

    商品詳細を見る

    [*6]

    惡の華(1) (少年マガジンKC)惡の華(1) (少年マガジンKC)
    (2010/03/17)
    押見 修造

    商品詳細を見る

    [*7]

    悪の華 (新潮文庫)悪の華 (新潮文庫)
    (1953/11/03)
    ボードレール

    商品詳細を見る

    [*8] ジョージ秋山の問題作品群

    銭ゲバ 上 (幻冬舎文庫 し 20-4)銭ゲバ 上 (幻冬舎文庫 し 20-4)
    (2007/10)
    ジョージ秋山

    商品詳細を見る
    アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))
    (2006/02)
    ジョージ秋山

    商品詳細を見る
         告白 (傑作未刊行作品集 (004))【『週刊少年サンデー』1971年11号掲載】

    [*9] 【2013年6月25日たまむすび】

    [*10]

    スパイダーマン (1) (MF文庫)スパイダーマン (1) (MF文庫)
    (2002/05)
    池上 遼一

    商品詳細を見る

    [*11] 『ワールド・ウォー Z』(World War Z)公式サイト

    [*12] 『桐島、部活やめるってよ』⇒ TSUTAYA作品情報

    [*13] プランBエンターテインメント(Plan B Entertainment)
    ブラピ自ら経営する製作会社良作を生み出すプランBとは【日経トレンディネット2010年10月27日】

    [*14] 『キック・アス』(Kick-Ass)⇒ TSUTAYA作品情報

    [*15] 『ディパーテッド』(The Departed)⇒ TSUTAYA作品情報

    [*16] 『マネーボール』(Moneyball)⇒ TSUTAYA作品情報

    [*17]

    マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
    (2013/04/10)
    マイケル・ルイス

    商品詳細を見る

    [*18]

    The Zombie Survival Guide: Complete Protection from the Living DeadThe Zombie Survival Guide: Complete Protection from the Living Dead
    (2003/09/16)
    Max Brooks

    商品詳細を見る

    [*19]

    World War Z: An Oral History of the Zombie WarWorld War Z: An Oral History of the Zombie War
    (2011/09/27)
    Max Brooks

    商品詳細を見る

    スポンサーサイト
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。