スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『町山智浩解体新書』byみうらじゅん:第2部『その男、みうらじゅん』【2008年3月15日みうらじゅんのサブカルジェッター第20回後半】

    ~Setup~
    とにかく話が合った2人 ~ モテないけど、モテたいけど ~

    みうらじゅんとの出会い

    みうら その(童貞喪失)以降に最大の出来事ってありましたか?現在に至るまで。
    町山 みうらさんとの出会いですよ。
    みうら マジですか?
    町山 マジですよ。だからホントに、僕、もう・・弟子だと思ってますから、自分は。
    みうら 何をまた・・。
    町山 いや、ホントに。
    みうら オレは、「やっと、話を聞いてくれる奴が出た」っていうだけのことで、
    町山 (笑)・・・盛り上がる話って・・・「怪獣は仏像だ」って話を、
    みうら 「怪獣は仏像だ」、しました。
    町山 した時も、2人で物凄く盛り上がったじゃないですか。
    みうら 盛り上がりました、盛り上がりました。あれ、「ウルトラマンが弥勒菩薩(みろくぼさつ)である」、っていう説は、
    町山 はい。
    みうら 小学校の時から唱えてたんだけど、
    町山 はい、はい。
    みうら 友達がどんどん、いなくなるから、
    町山 (笑)。
    みうら ちょっと控えてたけど、
    町山 はい。

    みうら 後に成田亨さんがエッセイ集で、「そういうことを言ってる人がいるけども、そうだ。」って書いてあって、[*1]
    町山 はい。
    みうら もう、何十年ぶりに明かされて、
    町山 はい。
    みうら 「ほらーっ!!!」って言ったんだけど、誰もいないし、まわりも。
    町山 (笑)。
    みうら 誰もいなかったけど。ウルトラの設定もね、弥勒の設定とソックリだったんだよね。
    町山 そうなんですよね。
    みうら 似てた。
    町山 「人類を助けに来る、仏様だ」っていうような話をね。
    みうら 空に出る、ウルトラサインも梵字だったしね。
    町山 そうそう。
    みうら ね。
    町山 あと、なんかいろいろ言ったんだけど。ボーグ星人が、なんだっけ、四天王だ、とか。そういう話とかして、ね。
    みうら あん時、かなりノイローゼだったよね。
    町山 (笑)。
    みうら 怪獣と仏像をどうにか・・・
    町山 (笑)怪獣と仏像をなんとか結びつけようと・・・。
    みうら くっつけたくてしょうがなかったんですけどねえ。
    町山 ねえ。
    みうら ありました、ありました。うん。で、オレとあった、想い出ベストテンて、何なんですか?これは。
    町山 これはねえ、思い出したんですねえ。
    みうら はい。
    町山 みうらさんと会って、いろんなことがありました、っていう、
    みうら はい。
    町山 さっきの、初対面の・・、

    「初対面オーバーオール事件」

    みうら 10位は、「初対面オーバーオール事件」。これは、僕が、オーバーオールを好きで、
    町山 (笑)。
    みうら サロペットが好きで。大学の時もよく、してたんですけども。
    町山 はい。
    みうら そろそろ、「優しさフォーク」みたいなのが枯れ始めてきた頃で、
    町山 はい。
    みうら 僕、大学で、「みうらってフォークだろ?」とか言って、笑われてたんですよ。
    町山 あ~。
    みうら 「ボブ・ディランはフォークじゃない!」とかって、がんばって言ってたんだけど、飲み屋で。「違うね!」とか言われて。でも俺、オーバーオール着て、当時の拓郎さんとかのフリをしてたんだけど、
    町山 はい。
    みうら みんなからちょっと、「キツイね」って言われだしてた時に、社会人になったわけでもないけども、まあ、こういう仕事について、初めて会った担当の編集者の町山くんが、オーバーオールを着て、しかも白だった、っていうことに、
    町山 (白だったっけ・・・)
    みうら ホワイト・ジーンていうことはね、吉田拓郎さんの「ホワイト・ジーンだなあ」っていう歌があって、
    町山 はい、はい。
    みうら 「加川良の手紙」っていう。[*2]
    町山 はいはい。
    みうら もう、引っかかってくるわけですよ、ここに。オーバーオールは。
    町山 時代が、随分遅れた人だったんですね。
    みうら うん、随分。
    町山 はい。
    みうら 4つぐらい、かなんか下でしょ?僕より。
    町山 そうです、ハイ。
    みうら (遅れてやってきたフォークシンガーが来たなあ)って。(ヒロミツ来てるよ!)と思って。
    町山 (笑)。ハイ。
    みうら ほんで?
    町山 そう。みうらさんの担当をしたんですね、僕。
    みうら はい。ありましたね。

    「福留功男、死んでいい!事件」

    町山 で、次の事件が「福留功男、死んでいい!事件」ていうね。
    みうら 福留さんね。
    町山 みうらさんの担当を、「宝島」っていう雑誌でやることになって、
    みうら はい。
    町山 その時にみうらさんが、「お前はもう、死んでいいやつ!」っていうスゴイ連載をやってましてですね、
    みうら 「Emma(エンマ)」っていう雑誌でやってましたね。[*3]
    町山 「Emma」っていう雑誌ですね。ま、同じような連載を(笑)、「宝島」でやってまして、
    みうら あの頃、「死んでいい」が流行ってたからね。
    町山 流行ってたんですね。で、嫌いなヤツを書く、と。それがね、福留功男さんていう人がですね(笑)、
    みうら うん・・・。
    町山 「偉そうでキライだ!」つって(笑)。
    みうら でもね、理由はね、それだけしか無いんですよ。本当は。あの、テレビから受ける印象だけで、物を言ってたんですよ、僕。
    町山 それがねえ、メチャクチャな大反響を呼んで、日本テレビの社内で、「福留功男、死んでいいヤツ」っていうのがコピーされて。みうらさんが書いたページがですね、社内中に貼りだされてた、っていうことが情報として入って来ましてですね(笑)。
    みうら ビビりましたねえ。
    町山 「うわ!これは留さんの耳に入ってるぞ!」と。
    みうら うん。僕らはサブカルだから、
    町山 はい。
    みうら (決してメインには届かないだろう)と思ってやってたんですよ。
    町山 そうそう(笑)。何を言っても平気だろう、と。
    みうら 平気だろう、と思ってた。うん。
    町山 ねえ。それで、凄く反省して。
    みうら 反省しました。
    町山 それでみうらさんが「もう、人の悪口ってのは、良くないよ。」
    みうら (笑)。そんなこと、小学校から教えられてたことだったんですけどね(笑)。
    町山 そうそう、そう(笑)。(今頃気づいたのか!)っていう。
    みうら 今頃気が付いた。
    町山 「止めようよ。」ってことになって(笑)。で、違う路線にね、
    みうら はい。
    町山 転換して行った、っていうね。
    みうら ありました、ありました。
    町山 はい。
    みうら まあ、でも、今のネットとかで悪口書くじゃないですか。
    町山 はい。
    みうら 早かったな~、と思ってるんですけどね。
    町山 (笑)。大昔からありました!人の悪口は!(笑)。
    みうら ああ、あったか・・・。
    町山 でもほら、みうらさんが作ったわけじゃないから。
    みうら あ、そっか・・・。

    「伊豆沖海底火山爆発事件」

    町山 でね、あとね、「伊豆沖海底火山爆破事件・・爆破事件じゃない(笑)、爆発事件」ですね。
    みうら ありましたねえ。
    町山 はい。
    みうら これね、日曜日だったと思いますよ。
    町山 日曜日ですよ。
    みうら たまたまニュース見てたら、海底火山が爆発したんだよね。
    町山 そうなんですよ。
    みうら (あ!コレは!『サンダ対ガイラ』のラストシーンだ!)と思って、[*4]
    町山 そうそう(笑)。
    みうら (誰かに伝えなきゃ!)と思って町山くんのとこに電話して、
    町山 そうそう、そう。
    みうら そしたら見てたんだよね。
    町山 見てたんですよ。で、いきなり家に電話かかってきて。みうらさんから電話かかってきて、「町山!見たか~!!!」つって、「『サンダ対ガイラ』でしょ!」つったら、「そうだ~!!」つって。
    みうら (笑)。
    町山 そんなんで、何にも言わなくても説明なしで話が通じるヤツはいねえ!っていうね。(笑)。
    みうら いや、嬉しかった。ス~ゴイ嬉しかった。
    町山 (笑)。
    みうら ありましたねえ。

    「沖縄ナンパ計画事件」

    町山 それでね、あとねえ、もう一つ、「沖縄ナンパ計画事件」てのがありましたね。
    みうら ありましたよ。行きましたよ、僕。沖縄。
    町山 (笑)・・あれ、みうらさんが、飲みに行った時に、
    みうら うん。
    町山 「オレ、モテないから、沖縄に行けばモテるんじゃないかと思うんだ。」と。
    みうら ありました。
    町山 今だったら、みうらさんてモテる、ってみんな思ってるけど、あの頃みうらさん、真剣に悩んでたですね。
    みうら 悩んでましたよ。で、29だったんですよ、僕、もう。
    町山 あ、はい、はい。
    みうら もう、来年、年越したら30なんすよ。
    町山 あ~。
    みうら (これはイカン!)と思って、
    町山 ああ。
    みうら ナンパも1回もしたこと無いのに、ブツブツ「ああいうナンパ野郎が・・・」とか言ってたから、(これはモテないんだ)と思って、(よし!ナンパを30までに導入しよう!)と思って。
    町山 ねえ。
    みうら 沖縄行ったんス。
    町山 で、僕、相談されても、僕なんかナンパなんかしたこと無いから、「わからないっスよ。」つったら、そしたら、「宝島」の編集の僕の先輩の渡辺祐(たすく)が、「オレが教えてやるよ。」みたいな。
    みうら それで言ったんだ。それで「沖縄行けばいい。」って言ったんだ。
    町山 そうですよ。
    みうら そうだ。俺、糸井さんだと思った。そうだ。
    町山 あれ、覚えてます?祐(たすく)さんがいて・・。
    みうら そうだ、そうだ。
    町山 ねえ。
    みうら そうだ。「沖縄行くと、もう、モテモテになる。」って言ったから。
    町山 そうそう。
    みうら よく考えたら祐って俺より年下じゃんか!
    町山 年下なんですよ(笑)。
    みうら 何、俺、勢い込んで行ってんだよ、俺。
    町山 (笑)。なんで偉そうに・・・(笑)。偉そうに、まずどういうきっかけで話するか、とかいう話をして、ねえ。
    みうら そうだ。
    町山 「じゃあちょっと、これ、予行演習してみよう!」とか言って、
    みうら やった。
    町山 で、みうらさんがねえ、「デビッド・ボウイとか好き?」とか、その頃デビッド・ボウイ流行ってたんですね。
    みうら うん、流行ってた。
    町山 それだったら、共通の話題ができるよね、とか・・。
    みうら 「レッツ・ダンス」とかの話でしょ。[*5]
    町山 そうそう。「あ、それ、いいんじゃない?」とか言うわけ。「みうら、それ、いいセンス行ってるよ!」とか、「デビッド・ボウイ、イイよ!」とか。祐さん、偉そうに言うんですよ。
    みうら 言われた。
    町山 ねえ。で、「デビッド・ボウイって言えばさあ、ジョブライアスっていたでしょ?」って言ったら、「ブー!!」とか言ってさ、祐さんが。「そりゃダメだ!ジョブライアスなんて、そんなマイナーな!」って言って。[*6]
    みうら サブカルがダメだったんだよね。
    町山 そう。「知らねーよ!お前。ダメだなあ!」って。
    みうら ナンパをする、っていうことは、メインストリートだからね。
    町山 そうそう、そうそう。
    みうら サブカルのネタは、一切、封じられたんですよ。
    町山 そうそう、そう。「それダメ!」っていう、ね。
    みうら で、結局俺、沖縄の観光ツアーに募集して、
    町山 はい。
    みうら 「ツアーで行けばモテる。」って言うから。
    町山 (笑)。
    みうら で、ツアーで行ったら、「ひめゆりの塔観光ツアー」だったんですよ。
    町山 (笑)・・・ナンパしにくいよねえ。
    みうら 夏のアタマで言ってたもんで、もう、ツアーがいっぱいになっちゃって、そこしかなくて。おじいさんとおばあさん達。
    町山 (笑)。
    みうら 飛行機、飛んで、(ここは許しといてやる!)とか言いながら、行ったんスよ。
    町山 (笑)
    みうら 全然、ダメでしたね。
    町山 大学生みたいなことをしてたんだよね。
    みうら やってましたね。
    町山 ねえ。
    みうら 俺、結婚もしてましたしね、その時。
    町山 ねえ。
    みうら 子供もいましたし、その時。
    町山 あの頃、でもいろいろ考えたんですよね。「じゃあ、ミュージシャンになればモテるんじゃないか?」とか。
    みうら ああ。いろいろ考えた。
    町山 いろんな試行錯誤を繰り返した(笑)。
    みうら もう、仕事は始まってるのにね。
    町山 (笑)、そうそう。
    みうら もう一つ、モテる仕事があるんじゃないか?っていうことですよね。
    町山 そうそう(笑)。「やっぱり、イラストレーターってのはモテねえよ!町山くん!」つって。
    みうら モテない。だってイラストレーターのことをうちの親戚はインストラクターだと思ってたんだよね。ずーっと。
    町山 (笑)。
    みうら 「じゅんちゃんはインストラクターやってんやろ?」ってずーっと言われて、(モテねえな、これは)と思って。
    町山 (笑)・・・水泳とか教えたりする・・・。
    みうら うん、水泳とか、何を教えてんのかはよくわかんないけどね。
    町山 何を教えてんだろうね(笑)。
    みうら (キッツイなあ)と思ってたんですけどね。ありました、ありました。

    ~Conflict~
    みうらじゅんとの想い出ベスト4 ~ そして伝説へ ~

    みうら 「みうらじゅんのサブカルジェッター」今夜のゲストは映画評論家の町山智浩さんでございます。ということで。え~、話の続きでございますけども。
    町山 はい。それで、みうらさんとの想い出、ベスト4に入って行きたいと思うんですけども。
    みうら はい。お願いします。

    「トンガリキッズ、落とし前事件」

    町山 第4位が、「トンガリキッズ、落とし前事件」てのが、
    みうら ありましたねえ。
    町山 ねえ。
    みうら これは、サブカルを語る上でも、重要な!事件だと僕は思ってます。
    町山 そんなに重要かな(笑)?
    みうら ええ。
    町山 あの、「宝島」に「東京トンガリキッズ」って言われる、「宝島」を読んでるような男の子や女の子の写真が載るんですけど、
    みうら うん。
    町山 そこに僕が出ちゃったんですね。
    みうら うん。
    町山 僕がなんかおだてられて、「町山さん、ちょっとモデルやってください。」って言われて。そしたら嬉しいじゃないですか。
    みうら いや、そもそも、前から言っとかなきゃなんないのは、「ナニがトンガリキッズですか!!」って、俺に言ってたことから、話さなきゃなんないですよ。
    町山 (笑)・・・そうそう、そう。
    みうら 「何、オシャレこいてんだ!」と。「このページ、気に入らねえ~!!」とか言って、よく言ってた前提で!・・・頼まれたんですね。
    町山 そうそう。するとやっぱり・・・嬉しいじゃないですか、モデルとか、ねえ。二枚目、とかねえ、いうことで。
    みうら そこがわからなかったんだよね。
    町山 それでねえ、写真出たらねえ、その後、みうらさんとこに打ち合わせに行ったら、「オメエなんか裏切り者だよ!マチヤマ~!」とか言って。「お前、ホント、最低なヤツだな!」って・・始まりましてですね。
    みうら ま、その前に、酷いことを率先して言ってた、のが町山くんだったからね、これについては。
    町山 「お前は味方だと思ってたけどね!」とか。
    みうら 「カッコつけやがって!!」って言ってたページに、ある日見たら、町山くんの顔が、横顔でフワ~っとした、ちょっと紗がかかったような写真が載ってて、
    町山 そうそう、ソフトフォーカスで。
    みうら (おい!!)と思って。ほんで、町山くんに問い詰めたら、「いや、これ、隠し撮りだと思いますよ。」って。
    町山 (笑)。
    みうら ライトとか全部来てんだ、なんだか。「あ、そういうつもりなんだあ・・・」みたいなことになって。
    町山 「いや、知らない間に撮られちゃって・・」って。
    みうら ・・て言ってたよね。
    町山 そうそう、そう。
    みうら これはイカン!ということで、坊主だな!ってことで、頭を丸めてもらったんですよ。
    町山 それがねえ・・・「落とし前だよ!」って言い始めて。「落とし前つけてもらわなきゃ、ちょっと俺も、お前と付き合えないよ、今後。」って。
    みうら そりゃそうだよ。
    町山 「じゃあ、頭、丸めますか?」って言ったら、
    みうら しょっぱなから出てたと思うんだ。
    町山 そうですよね。
    みうら うん。
    町山 で、「あ、頭丸める・・・ま、それぐらいで許してやってもいいけどな。」みたいな話で。
    みうら (笑)。サブカル、コワイねえ!
    町山 コワイですよ。それ、なんか、体育会みたいじゃないですか。
    みうら 憧れてきたからね、体育会系に。
    町山 (笑)。
    みうら でもそんな、自分より弱い、って見つけたやつだけにしか言わないからね。
    町山 ねえ。
    みうら あん時は、自分も、共倒れするんならみんなと共倒れしたかったのに、
    町山 (笑)。
    みうら 1人ずつ、なんかオシャレな方に這い上がって行くような気がしてさあ。
    町山 ねえ。
    みうら 泉麻人っていう人も、
    町山 はいはい、はい。
    みうら 上下で、事務所、上下でやってたんだけど、
    町山 はいはい。
    みうら なんか、オシャレな方に行っちゃったりして。
    町山 ああ、はいはい、はい。
    みうら なんか、気が付いたら、DCブランドは着てんだけど、
    町山 はい。
    みうら バレちゃって。
    町山 (笑)。
    みうら 「アイツ、オシャレじゃねえ!」ってバレて、俺だけが残ってる。なんか寂しかったんですよ俺。
    町山 ああ、はあ、はあ。
    みうら その時、凄く。確かに80年代は、オシャレも流行ってた。
    町山 うん。
    みうら ツートンの・・・マッドネスとかも流行ってた。
    町山 はい、はい。
    みうら バウ・ワウ・ワウとかも流行ってた。
    町山 そうそう。
    みうら なんかいろいろ、オシャレもあった。ニューウェーブだった。
    町山 ねえ。
    みうら ニューウェーブの中のサブカルって、今は一緒になってるけど、
    町山 はい。
    みうら 前はもう、水と油だったじゃない。
    町山 そうそう。仲が悪かったんですよ。
    みうら それでもう、断腸の思いで俺は、YMOのカッコして、
    町山 (笑)。
    みうら 先頭に立ってんだけど、説得力が無いんだよね。
    町山 (笑)。
    みうら テクノカットの偽物してるから。
    町山 (笑)。
    みうら そんな隊長に怒られてる、アンタもアンタですよ。
    町山 (笑)。もう、大変だったですよ。だから、(体育会系だな、ここ!)とか思いながら、ねえ。
    みうら 俺も、失敗したからだよ。
    町山 あ、ホントに。
    みうら オシャレに乗れなくて。ピテカントロプスとか言う所に、よく連れてかれてさ、[*7]
    町山 ああ、ありましたねえ。
    みうら みんなで、「ナントカがキテルよねえ~。」とか言って。(何にも来てねえのに)と思いながらも、
    町山 それ、ナベゾさんじゃないですか、その言い方。[*8]
    みうら (怪獣の話してえ~!)とか思ってんだけど、みんな、ほら、難しい話してるからさあ、
    町山 ねえ。
    みうら もう、(寄せてもらえねえや)と思ってさ、
    町山 で、丸坊主にしてさあ、そしたらみうらさんが「お前、可哀想だから、帽子ヤルよ。」つって、帽子くれたんですよ、みうらさんが。
    みうら (笑)。
    町山 それが、デイビー・クロケット、みたいなアライグマの帽子なんですけども(笑)。
    みうら 尻尾がついてるやつ。あれ、似合ってたじゃん!あれ・・。
    町山 「それ、被って歩け!」とか言われて。
    みうら 似合ってた。
    町山 しばらくその辺、被って歩いてたけど、
    みうら (笑)。
    町山 そんなん被ってるやつ、マタギしかいないんだから。
    みうら これ聞くと、なんか悪い人みたいだけど、違うんだって。
    町山 イジメみたいなもんですよ。
    みうら 町山くんが、酷い!ことを言ってたくせに!だよ。
    町山 あ、そっか、そっか。
    みうら うん、ここ、重要ですよ。
    町山 そうですね。
    みうら こっち側の、リーダーみたいな発言までして。「みうらさんもそう思いますよね!!」って。俺まで半ば強制されて。俺、もう、ほら、人を否定することは止めたのにも関わらず、
    町山 (笑)。
    みうら アナタに引っ張られて、やってたんだもの。
    町山 あ~、そっか、そっか。
    みうら うん。
    町山 もう一つの事件があって。
    みうら はい。
    町山 それと、同じで、
    みうら まあ、似てますね。はい。

    「カーツの結婚式フルちん事件」

    町山 ベスト3が、「カーツの結婚式フルちん事件」てのが。
    みうら あ~、カーツ佐藤も、出てもらいました。この番組、出てもらいました。
    町山 はい。
    みうら カーツ佐藤が結婚したんですよ。
    町山 そうなんですよ。
    みうら 結婚式があったんですよ、その頃。
    町山 はいはい、はい。
    みうら サブカルがもう、黎明期の頃に。
    町山 そうですね。
    みうら で、カーツは、あんまり呼ばなくてもいいのに、やっぱ、カーツとしても、結婚式だから、
    町山 はい。
    みうら 田舎からいろいろ、親戚も来てるから、
    町山 はい。
    みうら 文化人にスピーチして欲しかったみたいで、
    町山 ああ・・。
    みうら 1回しか会ったことのない泉麻人にスピーチさせたところ、
    町山 はい(笑)・・・。
    みうら 泉さんもカーツとソープ行った想い出しかなくて、
    町山 (笑)。
    みうら その話でえらいブーイングになっちゃったり、
    町山 スゴイね、披露宴でソープ行った話したんだよね。
    みうら してた、してた。
    町山 ねえ。
    みうら ねえ。ほんで、その頃、司会が、いとうせいこうがやってて、
    町山 いとうせいこうさんでしたね。
    みうら ほんで、酷いことを言って、
    町山 はいはい。
    みうら 親戚から「アンタ、好かん!」とかまで言われて。怒られた。
    町山 怒られた。ねえ。
    みうら その後の二次会、ね。
    町山 二次会ですよ。
    みうら 二次会に、いろんな人が芸するんだよね。
    町山 そうなんですよ。
    みうら ライブハウスみたいなとこで芸してたんだけど、それを見て町山くんが「またあんな、バカなことして!あんなの、バカですよ!!」とか言ってるから、
    町山 (笑)。
    みうら 「お前も、じゃ、出ろよ!!」って、「そんなんだったら!」って。
    町山 そうそう、そうそう。
    みうら 「それは一回、裸になって、」
    町山 そうそう、そう。
    みうら 「ちんぽ出して、言わないとダメだ。」って。
    町山 「お前、裸になんなきゃ・・ダメだよ!!!」って。
    みうら で、俺はなってないのにね。
    町山 そう、自分はならないのにね、「お前、ここで裸になんないんだったら、お前、友達じゃねえよ!」みたいな、ねえ。「もう、お前のことなんか、そういうヤツだと思うよ!」とかねえ。
    みうら 「それだったら、もう、裸だ!」つって、もう、「町山を脱がせ~!!」って、俺、言った。
    町山 はい。
    みうら 言って、うわ~!って脱いで。俺はでも、ちょっとだけ、(悪いなあ)と思ったから、紙の、皿を渡したよ、俺。紙皿。
    町山 ああ、アソコを隠すのにね。
    みうら うん。股間隠しながら舞台に上がって行って、
    町山 はい。
    みうら 結構、それなりに笑い、取ったじゃん、あれ。
    町山 ああ、ハイ。
    みうら ほんで戻ってきたら俺んとこに「ウワ~!!」って、
    町山 そうそう、そう(笑)。
    みうら 掴みかかって来て、「今まで着てた服はねえ、ブランドの服なんですよ!!」って、
    町山 (笑)。
    みうら わけわかんないこと言い出して、大喧嘩になったんだよね。
    町山 (笑)。
    みうら ほんで・・・、
    町山 ブランド物を持ってなかったですから、それ以外。
    みうら ブランドを着てたんだよね。
    町山 そう。
    みうら で、「ウワ~!」なって、「お前の連載、切ってやるよ!!」って言ったから、
    町山 (笑)。
    みうら 「あ、そういうことなんだ~。」みたいなことになって。「あ~、そうなんだ~。」みたいな。
    町山 あの時ねえ、実は僕、物凄く殴られてたんですよ。
    みうら そうでしょ?
    町山 うん。「お前、裸になれ!」って言いながら、ボッコボコに殴られてて、
    みうら うん。
    町山 メチャクチャ痛くて、それでハラ立ってたんですよ。(なんで殴られなきゃいけないんだろう)って。
    みうら ほんで、俺と町山くん、引き離されて、みんなに。「ウワ~!」ってやって。
    町山 はい。、
    みうら 「こっちはこっちで、こっちはこっちで、」つって、「話、聞く」とか言って。でも俺、年上だし。これは、謝んなきゃななんない、と。酒も飲んでたし。(あっちからは言ってこないだろうから、俺が電話しよう)と思って、ほんで電話したら、
    町山 はい。
    みうら 「いや、もう、いいんスけど。アタマとか殴られて、ホント!腹が立ったんですよ!!」つって、
    町山 コブだらけだったんですよ、僕。後頭部。
    みうら 俺は、飲んでたし、
    町山 はい。
    みうら (あ~、やったかなあ?)と思って、「ごめんね、ごめんね、」って言ってたら、その時を、たまたま小学館の人がビデオを撮ってたんですよ、その模様を。
    町山 あ~、はい、はい。
    みうら それで、「ちょっと、見てみようか。」って話になったら、「町山くんを裸にしろ~!!」って言ってるのは映ってた。
    町山 はい。
    みうら そうしたら、横にいた野沢直子が「そうだ!!そうだ~!!!」って言い出して、
    町山 (笑)。
    みうら 後ろから、物凄い全速力で、
    町山 はい。
    みうら 誰だっけなあ、あの人・・、ナントカってライターの人だった。
    町山 はい、はい。
    みうら 山崎さんだ。
    町山 山崎浩一さんですよ。[*9]
    みうら あの人が、ジャンピングエルボー!
    町山 そうそう(笑)・・・そう。
    みうら ガーン!!!ってアタマに入ってたんだよ。
    町山 あれがコブになって大変だったんですよ。
    みうら 映ってた。で、結局、俺は手を出してない、ってことがわかったんだよ。俺はしてなかったんだよ。ほんで、「パンツを飛ばされたのが気分悪い!」って言って、
    町山 そうそう。
    みうら パンツを飛ばしてたのは野沢直子だったんだよ。映ってたもん。
    町山 でも僕わからないから、全部みうらさんがやったんだと思って、みうらさんに「テメ~!!」つって、喧嘩になっちゃったというね(笑)・・・。
    みうら ありました。
    町山 後からわかった、っていうね。再現ビデオでね。
    みうら それをいしかわじゅんさんがマンガに書いちゃって、エライことになったじゃないですか。
    町山 そうそう(笑)。大変なことになりました。
    みうら 社内でエライことになって。
    町山 (笑)。「お前、何やってんだ!」って(笑)・・・。
    みうら もう・・・エライことだったよ、それ。
    町山 社長に呼び出されたりして(笑)。大変でしたけど。
    みうら そんなこともありました。ハイ。
    町山 ハイ。
    みうら そんなこと・・(笑)。
    町山 そんなことばっかりしてる(笑)。
    みうら そのために帰ってきたんだから、外国から。

    「ジャッキー・チェン、ダッチワイフ事件」

    町山 それで、ですね、みうらさんとの想い出、ベスト2なんですけども、
    みうら はい。
    町山 「ジャッキー・チェン、ダッチワイフ事件」ですね。
    みうら ありましたねえ。
    町山 はい。
    みうら これは・・・何の雑誌だったんですかねえ?
    町山 (笑)・・・これ、「宝島」ですよ。「宝島」ですね、ハイ。
    みうら ね。
    町山 「Emma」と相乗りの時代だったですね。
    みうら そうでしたね。で、僕と霜田恵美子というね、[*10]
    町山 はい。
    みうら イラストレーターの方がインタビューをする、と。
    町山 はい。
    みうら これはジャッキーに会えるんだから、
    町山 そう。
    みうら ジャッキーに喜んでもらおうと思って、
    町山 (何を一番喜ぶかな?)って。
    みうら 「宝島」の編集部に電話したら、
    町山 はい。
    みうら スケベだと、あの人は。
    町山 はい。
    みうら だから・・・、
    町山 僕が言ったんですよ。
    みうら 「エッチな物をあげたら、喜ぶよ。」って言われたんですよ。
    町山 はい。
    みうら うん、言われた。ほんで、霜田さんと、「これはイカン!」ということで。夜、歌舞伎町まで行って、ダッチワイフと、ナイトタイムスっていう夜の新聞まで買って、
    町山 はい。
    みうら これさえ渡したら、もう、ドカーン、ウケて、(話もしやすいだろう!)と思ってたところ、朝でしたよね?あれ。朝一のインタビューね。
    町山 そうそう、朝、帝国ホテルまで行ってね。
    みうら 帝国ホテルだ。
    町山 はい。
    みうら で、ジャッキーさんが出てこられた時に、
    町山 はい。
    みうら 「ジャパニーズ、ダッチ、ワイフ!!」って言ったよ、俺。
    町山 (笑)。
    みうら 張り切って。ほんで、箱ごと渡して。
    町山 ねえ。
    みうら その前の日は、膨らまして、ちゃんと乗ってみたんだもん。
    町山 あ、ジャッキーと兄弟になれる、って。
    みうら いやいや、そういうことじゃないよ。
    町山 (笑)。
    みうら 穴が空いてたら膨らまないんじゃないかと思って、
    町山 あ~、ハイハイ。
    みうら 良かれと思ってやったら、
    町山 はい。
    みうら 目の前で、「ポーン!!」って箱ごとほられたねえ。
    町山 ねえ。
    みうら 怖かったあ・・・。
    町山 で、ジャッキーがいきなり、「フィニッシュ!」って。「もう、このインタビューは終わりだ!」つって、
    みうら 言われたねえ。
    町山 いきなり、帰っちゃったんですよね。
    みうら 隣の部屋に入っちゃったよね。
    町山 入っちゃったんですよね。
    みうら 天の岩戸みたいな状態になっちゃってね。
    町山 そうそう。「ヤベ~、怒った~。」つって。ジャッキー・チェンのマネージャーがですね、「オマエ達さあ、」つって、「ジャッキーがダッチワイフとかが必要なほど、女に困ってると思ったわけか?!」って言ったんですよね、あの時。
    みうら 「寂しい人間だと・・。」って言ったんだよね。
    町山 ねえ。
    みうら 違うんだ!ギャグなんだ!
    町山 ジョークなんだ!。
    みうら ギャグなんだ、通じなかった・・。
    町山 ねえ。
    みうら で、その前にね、フィル・コリンズが来日してたのよ。
    町山 はいはい、はい。
    みうら その話を聞いた時、フィル・コリンズに、日本の関係者が、
    町山 はい。
    みうら ヅラをあげたんだって。
    町山 あ~。
    みうら かつらを。
    町山 はい、はい。
    みうら そうしたら喜んで。
    町山 はい。
    みうら 「次のプロモに被って出るよ。ワッハッハ!」ってなった、って聞いてたから、俺。
    町山 はいはい、はい。
    みうら (これだろう!)と思ったんだけど・・・違った・・。
    町山 違った。ジャッキー、映画みたいに「うわ~、面白いね!」ってやってくれるかと思ったんですよね。「ダッチワイフだ~!」「ありがとう!」って言ってくれると、思ってたんですよね。
    みうら 違った・・。
    町山 行く前はねえ、「これ、絶対ウケますよ!」つって、「ジャッキー・チェンも大喜びだ!」とか言ってて、
    みうら そうだよ。
    町山 みんなで友達になれると思って・・・(笑)。
    みうら だって、嫌がらす気無いんだもん。何にも無いんだもん。
    町山 ねえ。
    みうら 俺等も、もう、困っちゃって。で、結局通訳の人が、「あなた達は、高校生だから許しましたけど、ジャッキーは。」って言われて。
    町山 (笑)。
    みうら (もう、いい年だよ?俺等は)と思って。
    町山 みうらさん、その頃、可愛いおかっぱ頭だったから、
    みうら してた、してた。
    町山 2人共、高校生にしか見えなかったんですけどね(笑)。
    みうら ビックリしましたねえ。
    町山 こども新聞てことで許してもらったんですよね。
    みうら ありました。そんなこと、ありました。その1ヶ月後に、「ユン・ピョウのインタビューしませんか?」って、またエージェントからかかってきて、
    町山 はいはい。
    みうら 「今度は、香港でお願いします。」って言われた時、
    町山 (笑)。
    みうら 「殺されるんだ!」と思って。
    町山 あ!そうですね。「香港、来い!」と。
    みうら ほんで、俺に「ジャッキーさんはちょっとエッチな物が好きだ。」って言った編集部のやつに電話して、
    町山 はい。
    みうら 「いいかげんにしろよ!」と。「俺今度、香港呼び出しだよ!」って。「いや、そう聞いたけどな~。」とか言われて。
    町山 (笑)。
    みうら 「餞別だよ。」つって俺、5千円もらった。
    町山 あ、5千円くれたんだ、彼。
    みうら (やっすいな~)と思って。もう、死んでいい気で行こう、と思って。
    町山 (笑)。
    みうら 行ったら今度は、飛行場にユン・ピョウさんがもう、迎えに来て、もう、大喜びだよ。
    町山 ダッチワイフの話したら?
    みうら 「君か。」と。「ダッチワイフをあげたのは。」っていう話で。もう、広まってんだ。
    町山 (笑)。香港中で。
    みうら (う~わ~)と思って。
    町山 香港黒社会で(笑)。
    みうら いや、もう・・・で、家まで案内してもらって。
    町山 あら、自宅に?
    みうら ユン・ピョウさんの自宅に。
    町山 あららら。スゴイっすねえ。
    みうら で、そん時は、「黒ひげ大作戦」をあげた。
    町山 (笑)。
    みうら スゴイ考えた挙句。
    町山 (笑)。
    みうら 喜んでた。「黒ひげ大作戦」にしといた。
    町山 ま、子供みたいなもんですよ。
    みうら まあ、スイマセン、もう。

    「みうらじゅん賞、受賞」

    町山 ていうことで。で・・みうらさんとの想い出、ベスト1はですね、
    みうら はい。
    町山 「みうらじゅん賞、受賞」[*11]
    みうら あ、そうですよ。初期の頃ですよ。
    町山 はい。
    みうら これは、「映画秘宝」を立ち上げたからですよ。(スゴイなあ!)と思って。(この人はスゴイことを・・・やっぱり忘れてないんだ!あっちに行かないんだ!)と思って。
    町山 (笑)。
    みうら まだ、チョロチョロ、新聞見るとメガネはずしたりしてますけど。
    町山 (笑)。モテたくて。
    みうら いや、モテるのはいいんだけど・・・どうなんスかねえ?やっぱり、モテはメインストリートのとこにいて、
    町山 はい。
    みうら サブカルでモテても、嫌なんでしょ?
    町山 いや、でも、スゲエ、イイ女で、
    みうら うん。
    町山 でも、冗談もわかる、って女だといいな、っていうね。
    みうら そうですよね。そんな世の中がね、いつか、死ぬまでにね、
    町山 (笑)・・実現するかも・・。
    みうら メインストリートと、その、サブの道が、いいとこでクロスすればね、
    町山 ねえ。
    みうら こんな番組も、もう、成り立たないわけですよ。
    町山 (笑)・・・成り立たないの?(笑)。
    みうら 野球の人が、ちょっとなんか、試合をやってない時に、コッソコソ隠れてTBSにやってきて、
    町山 ハイハイ。
    みうら コソコソ喋って帰ることなんて、無いわけですよ。
    町山 (笑)。
    みうら それだったら、野球、これ、野球、これ、ってなるんですよ。ね、番組としても。
    町山 野球と戦えるぐらいにね。
    みうら 戦えるぐらいになるんですけどねえ。
    町山 ハイハイ。

    ~Resolution~
    童貞魂がいつまでも消えない「サブカルの男たち」

    童貞喪失をサバ読んだタランティーノ

    みうら でも、アメリカとかの、土壌が広いとこは、
    町山 はい。
    みうら それこそタランティーノさんて、この間、ブロンソンズと会うってことで、会ったんですよ。田口トモロヲと2人で行って。[*12]
    町山 あ~、はい。
    みうら もう・・・町山くんみたいなその、千葉真一のTシャツ着てさあ、現れた。
    町山 (笑)。
    みうら もう、世界一、成功したオタクじゃないですか、あの人。
    町山 ああ、そうですね。
    みうら まあ、言えば。ほんで、「世界中、いっぱい監督いると思いますけど、誰が好きですか?」って聞いたら、「ホンダ!!」って言ったからね.
    町山 あ~・・。
    みうら 本多猪四郎のことを、まず最初に言ったんスよ。僕、初め、ホンダの車のことだと思って、
    町山 はい、はい。
    みうら (何言ってんだろう?)と思ったけど、まず最初に本多猪四郎の名前が出て、
    町山 はい、はい。
    みうら 『ゴケミドロ』の話をして、[*13]
    町山 そうそう、『ゴケミドロ』。
    みうら うん!『マタンゴ』の話で、
    町山 はい。
    みうら いなかった、そんな人。
    町山 あ~・・・。
    みうら 「そんなこと言ってたらモテなくなりますよ。」って、一応忠告したけど、
    町山 (笑)。
    みうら 「いや、モテるよ!」って言うんだ。
    町山 あ。ホントに?
    みうら 「今、ビデオパーティーってのを家でやってるんだ。」って言って。
    町山 あ~。
    みうら で、「彼女を呼んで、大画面で『ゴケミドロ』を観てるよ。」って。
    町山 ああ・・。
    みうら 「彼女も大喜びさ!」って言うんだけど、(ウッソだね~!)って俺、思った。
    町山 合わせてるだけだよ!んなもん!
    みうら 合わせてるだけだよねえ。
    町山 「イイわね。」って言ってるだけだよ、言ってくれてるだけだよ!
    みうら その時、ずーっと黙ってたトモロヲさんがいきなり、「童貞は・・・いつ、無くならしました?」って聞いたのよ。
    町山 (笑)。
    みうら いきなりだよ!
    町山 それ、聞いちゃいけない質問だよ!
    みうら 聞いちゃいけない質問だったみたいで、世界中でされてなかったみたいで、あたふたしたんだよ。
    町山 あ~。
    みうら タランティーノがあたふたして、「シックスティーン!」って言ったんだ。
    町山 は?!
    みうら (ウッソだね~!)って。
    町山 ウソですよ。
    みうら で、俺等が「エ~?!!」って言ったら、(ヤバイ・・)と思ったみたいで、
    町山 あ~。
    みうら 「ホントに好きな女としたのは、25だ。」って言ったんだよ。
    町山 うわ~。
    みうら だから、きっと25だと思う。
    町山 絶対、25ですよ。
    みうら うん、シックスティーンは・・・ウソだと思う、それ。
    町山 絶対25ですよ。ってのは、本人がインタビューで、「『トゥルー・ロマンス』を書いた時は童貞だった。」って言ってんですけど、その時は24ぐらいですもん。[*14]
    みうら ああ、そう!
    町山 そう。
    みうら 張り切って言ったよ。この間のインタビューの時に。
    町山 そうなんですよ。
    みうら あ、そう。そこも、「書くな!」とは言わなかったよ。
    町山 (笑)。ま、ちょっと正直じゃないですか。
    みうら でも、彼女連れてきてるから。『デス・プルーフ』のスタントやってた子を。[*15]
    町山 あ、あのデッカイ、スタントガール。
    みうら うん。
    町山 あ、ホントに?へ~。
    みうら だから、ちょっとイイとこ見せたかったんじゃねえかなあ?
    町山 あ~、そりゃ恥ずかしいもんね、童貞の話はね。
    みうら で、そん時に、16とか15とかウソつく感じって、
    町山 あ~。
    みうら 童貞にありがちな、童貞をこじらせた人にありがちな、
    町山 40過ぎても全然、言ってること中学生ですねえ。
    みうら 全く、一緒だと思って。
    町山 あ~。
    みうら 「今日本では、逆に童貞が遅いほうがカッコイイですよ。」って一応、言ったんだけど、そのセンスはアメリカに無いんだと思った、俺。
    町山 あ~。
    みうら 「童貞をこじらすことはカッコイイ」っていうセンスはまだまだ、
    町山 無いでしょ!それは。
    みうら 無いんだね。
    町山 無いでしょ、それは(笑)。ねえ。
    みうら でも、(彼もそんなこと、ウソつくんだ・・・)と思ってさ。
    町山 うわ~、それはなんか、スゴイですねえ。ハリウッドの大物監督が、
    みうら やっぱ、童貞パワーを忘れてないんだよね。
    町山 童貞喪失をサバ読んだ。
    みうら うん、サバ読んだ。
    町山 あ~らららら・・・。
    みうら いいなあ~、と思ってさあ。
    町山 うわ~、イイですねえ。

    町山智浩の初体験と、苦い別れの想い出

    みうら うん。・・・いくつでしたっけ?童貞喪失は。
    町山 僕はだから、19か20の頃ですよ。メチャクチャ遅いんですよ。
    みうら ウ!(笑)、それまた、19か20っていうとこが、あいまいじゃないですか、ソレ(笑)。普通、覚えてるもんですよ。そんなことないッスか?普通、覚えてないですか?
    町山 何月かによりますよね。
    みうら うん。
    町山 ま、多分20だと思いますよ。
    みうら 20ですか。
    町山 うん、多分20だと思いますよ。
    みうら そこら辺、微妙に、飲むチームによって、変えてないですか?(笑)。
    町山 19と20、変わんないじゃないですか!そんなの!
    みうら イヤ、変わりますねえ。大っきく変わりますよ。
    町山 変わんないですよ、ソレ。え”~?
    みうら 大きいですよ。
    町山 あ、ヤラハタかどうかってことなんだ?
    みうら うん、そう。
    町山 ああ、そうか。多分ヤラハタだったんじゃないかなあ?わかんないですけどねえ。
    みうら そうか。
    町山 うん。
    みうら でもやっぱり、そういうのが、童貞喪失が、最大の、自分の人生の事件だと、言い張る人は、ずっとこうだよね。
    町山 ずっと童貞魂が消えてないですね(笑)。
    みうら うん、確かにね、童貞喪失のことをね、「いや、あんまり言いたくないなあ。あんまりいい思い出無いんだ。」とか言う人いるんだ、飲み屋で。
    町山 ああ。
    みうら (うわ!大人だなあ・・)と思ってさあ。
    町山 あ、ホントに。
    みうら うん。
    町山 いや、僕もいい思い出無いですけどねえ。
    みうら あ、そう。
    町山 僕、だって、別れた時って、最悪で。鉢合わせでさあ。あの・・・ま、彼女のアパートにいたらさあ、他の男とも会ってて。
    みうら あ~。
    町山 他の男がカギ持ってて、入って来ちゃったんですけど、
    みうら うん、うん。
    町山 で・・・なんかオレ、こうやって、ヤッててさあ。その時ちょうどオレ、シックス・ナインしてたんですよ?(笑)。
    みうら うん。・・・そのまま、キャタピラで、前に進んでいけばイイじゃない。
    町山 (笑)・・・そうそう、こういう状態でね・・・(笑)。
    みうら うん・・・。
    町山 そしたら、いきなりドアがバーンと開いてさ、彼女の部屋のアパートがさあ。誰か立ってんですよ。
    みうら うん。
    町山 で、僕の頭の位置からだと見えないんだよね、彼がね。
    みうら うん。
    町山 そうしたら、彼女が、シックス・ナインした状態でさ、俺とさ、
    みうら (笑)。
    町山 その人影に向かってさ、「来ないで!!」とか言ったのよ。
    みうら まあ言うよね(笑)。そりゃ、「来ないで」は言うよ。
    町山 そうしたら、その男がさ、スッと消えてったのよ。
    みうら うん。
    町山 まあ要するに、他の男と掛け持ちしてたんですけどねえ。
    みうら ああ、してんだ。
    町山 うん。それで終わり、って感じ?
    みうら ああ、そういうことあるんだねえ・・・なるほどねえ。
    町山 ハイ。
    みうら ということで、じゃあここで1曲。用意してもらってる曲かけましょうか。何かけましょうか?
    町山 はい、え~、僕はね、下田逸郎さんの「ラブホテル」。
    みうら 下田逸郎さん。
    町山 はい。
    みうら あ~、髪の毛、モノスゴイ長いッスけどねえ。
    町山 こんな長かったですねえ。
    みうら 大長髪だったよねえ。
    町山 大長髪(笑)でしたねえ。
    みうら 大長髪。
    町山 これは僕、中学の時にラジオで聴いて、(ラブホテル?!スゴイとこだなあ!)というねえ。
    みうら うん。
    町山 夢の様な、遊園地の様な、
    みうら あ、夢の様なことが語られてるの?歌の中に。
    町山 語られてるんですよ、歌の中に。
    みうら あ、そうですか。へ~。
    町山 で、ホントに憧れてですね。で、ホントに嬉しかったですね(笑)、生まれて初めてラブホテルに行った時は(笑)。
    みうら じゃ、聴いてみましょうか。
    町山 はい。
    みうら 下田逸郎さんで「ラブホテル」。
    ~♪~ ラブホテル / 下田逸郎 ~♪~[*16]
    みうら ハイ、え~、下田逸郎さんで「ラブホテル」。ラブホテルって結構行きましたか?
    町山 ラブホテル、物凄い好きだったですねえ。
    みうら あ、物凄い好きだった。
    町山 童貞捨てた頃。
    みうら ハイハイ、ハイハイ。
    町山 もう、嬉しくて嬉しくてねえ、行きまくってましたけども。
    みうら あれ、大概あの・・男の方が風呂入れに行くじゃないですか。
    町山 ハイハイ。
    みうら で、「この風呂ヘンだよ~、これ~!」とか言ったりするんだよね。
    町山 (笑)。そうそう、そうそう。
    みうら 意味も無く。そんなヘンなこと無いのにさ。
    町山 そうそう。
    みうら 「おい、ちょっと来てみなよ。変だよ、変だよ!」とかって、適当なこと言うんだよね。
    町山 そうそう、そうそう。
    みうら BGM選んだりしてさ。木魚の音とか選んでみたり。
    町山 (笑)。
    みうら ちょっと、ごまかしてんだよね。鳥の声とかにしてね。
    町山 BGM、スゴイんですよね。有線でね。
    みうら 物凄い、あるからさ。
    町山 全然いらない、落語とか・・・(笑)。
    みうら でもそれは、男が照れくさいから、「う!セミの声なんて!」とか、言うんじゃないの?アレ。
    町山 言う。言うんですよね。
    みうら だから沢山、チャンネルがあんじゃないの?
    町山 話題としてね、あるんでしょうね。
    みうら うん。いきなり・・スルのも、ヘンだからね。やっぱりねえ。
    町山 ねえ。
    みうら そういうことで、じゃ、一旦CMです。
    町山 はい。

    「タルカス(Tarkus)」・・・エマーソン・レイク&パーマーのセカンド・アルバム

    みうら 「みうらじゅんのサブカルジェッター」、そろそろお別れの時間でございます。ここで来週のゲストを紹介しておきましょう。来週、3月22日は、井上陽水さんに来てもらいます。え~、「サブカルジェッター」というタイトルがあまりにも、似合わないゲストでございます。
    町山 スゴイですねえ。
    みうら はい。町山くんの、後ですからね。いきなりでございますけどね。
    町山 そんなスゴイ、ゲストと・・・(笑)。
    みうら そういうことで、いつもの様に、サブカルの話を無理矢理したいと思います。
    町山 (笑)。
    みうら さて今夜は、映画批評家の町山智浩さんをアメリカから!
    町山 はい。
    みうら わざわざ、迎え。そしてキャタピラの様に、初体験をした話を聞いてもらいました。
    町山 (笑)。キャタピラの様に。
    みうら はい。
    町山 タルカスの様に。ハイ。[*17]
    みうら タルカスの様に。わざわざ、その話をしに来ていただいて、
    町山 ハイ。アメリカから来て。
    みうら ありがとうございます、ねえ。ハイ。
    町山 ホントに、もう・・・。
    みうら 結構、帰ってんですか?こっちの方は。
    町山 いや、年に、2回ぐらいですよ。
    みうら あ、倦怠期の・・・夫婦みたいな。
    町山 (笑)、夫婦みたいな。
    みうら そんなぐらいですか。
    町山 ハイ。
    みうら あ、そうですか。アメリカはどうですか?日本と比べて。
    町山 ああ・・。
    みうら 大きいですけど、例えが。
    町山 大きいですけど(笑)。
    みうら こういう仕事は?サブカルは?
    町山 サブカルは・・・無いですね!
    みうら あ、アメリカってそもそも、サブカルなんて無いですよね。
    町山 無いですね。
    みうら 土着が無いですもんね、そもそも。
    町山 あ、こういう人達はいるんですけども、
    みうら うん、うん。
    町山 あの・・・みんな、家から出ないでマリファナ吸ってたりする人達で。ラジオ番組、持って無いですよ!
    みうら ああ、そういうことで、TBSを使ったり、してない?!
    町山 怪獣の話とかラジオから聞こえてくることは、無いですよ!アメリカでは。
    みうら あ、そういうもんなんですか。いっぱいチャンネルあるんじゃないんスか?
    町山 いっぱいあるんですけど、怪獣の話とか(笑)・・・初体験の話とか(笑)、ラジオから出て来ないですねえ。
    みうら あ、そうですか。
    町山 それは無いですね。
    みうら 節操があるんですね、アメリカは。
    町山 そうですねえ。宗教の話とか、そんなんばっかりですからね、アメリカはねえ。
    みうら ああ、そうですか
    町山 こういう人達はみんな、自宅でもって、ハッパやりながら、そういう話をしてる人、っていうことでね。
    みうら 何回も強調していただいて、ありがとうございます、もう。
    町山 あ、そうですか。ハイ。
    みうら ということで、お時間でございます。え~、帰ってください。
    町山 ハイ、どうも!
    みうら どうもありがとうございました!気をつけて!
    町山 アメリカ帰りま~す。どうも~。
    みうら さようなら~。

    [*1] 成田亨 ⇒ wikipedia

    [*2]「加川良の手紙」
    ⇒ 「元気です。」 吉田拓郎 TSUTAYAオンライン 試聴可

    [*3] Emma ⇒ wikipedia

    [*4] 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』
    TSUTAYA作品情報

    [*5] レッツ・ダンス ⇒
    ザ・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ 1980/1987(DVD付) TSUTAYAオンライン 試聴可

    [*6] ジョブライアス ⇒ amazon

    [*7] ピテカントロプス・エレクトス
    ⇒ オクダケンゴ氏HP [radiodAze] 該当記事部分
    ⇒ 川勝正幸がつづる「幻想の80年代」サブカル・ファイル studiovoice.jp

    [*8]ナベゾさん 渡辺和博 ⇒ wikipedia

    [*9] 山崎浩一 ⇒ はてなキーワード

    [*10] 霜田恵美子 ⇒ はてなキーワード

    [*11] みうらじゅん賞 ⇒ はてなキーワード

    [*12] ブロンソンズ ⇒ スーパーマグナム / ブロンソンズ(みうらじゅん&田口トモロヲ) LD&K SHOP

    [*13] 『吸血鬼ゴケミドロ』 ⇒ TSUTAYA作品情報

    [*14] 『トゥルー・ロマンス』(True Romance)
    TSUTAYA作品情報

    [*15] 『デス・プルーフ』(Quentin Tarantino's Death Proo)
    TSUTAYA作品情報

    [*16] 「ラブホテル」
    ⇒ 『下田逸郎作品集』TSUTAYAオンライン
    ⇒ 『下田逸郎作品集-PARIS-湯玉-HAWAII-』TSUTAYAオンライン フランス語Ver. 試聴可

    [*17]タルカスの様に ↓↓↓↓ tarkus.jpg「Tarkus」/ Emerson, Lake & Palmer TSUTAYAオンライン

    スポンサーサイト
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。