カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    TBSラジオ たまむすび

    2012年4月~放送中 火曜日コラムコーナー『たいしたたま』

    出演者
    赤江珠緒(フリーアナウンサー) 
    山里亮太(お笑い芸人・南海キャンディーズ)

    TBSラジオ キラ☆キラ

    2009年4月~2012年3月 金曜日コラムコーナー『コラ☆コラ』

    出演者
    小島慶子(フリーアナウンサー・タレント)
    水道橋博士(お笑い芸人・浅草キッド)

    TBSラジオ ストリーム

    2004年4月~2009年3月 火曜日コラムコーナー『コラムの花道』

    出演者
    小西克哉(国際ジャーナリスト)
    松本ともこ(フリーアナウンサー)

    2013年第85回アカデミー賞

    2013年1月10日に第85回アカデミー賞ノミネート発表がありました。ここでは、町山智浩さんがこれまでにノミネート作品関連について紹介してきた中から、主に御本人のトーク部分のみを抜粋、一部校正して掲載していきます。


    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『町山智浩解体新書』byみうらじゅん:第2部『その男、みうらじゅん』【2008年3月15日みうらじゅんのサブカルジェッター第20回後半】

    ~Setup~
    とにかく話が合った2人 ~ モテないけど、モテたいけど ~

    みうらじゅんとの出会い

    みうら その(童貞喪失)以降に最大の出来事ってありましたか?現在に至るまで。
    町山 みうらさんとの出会いですよ。
    みうら マジですか?
    町山 マジですよ。だからホントに、僕、もう・・弟子だと思ってますから、自分は。
    みうら 何をまた・・。
    町山 いや、ホントに。
    みうら オレは、「やっと、話を聞いてくれる奴が出た」っていうだけのことで、
    町山 (笑)・・・盛り上がる話って・・・「怪獣は仏像だ」って話を、
    みうら 「怪獣は仏像だ」、しました。
    町山 した時も、2人で物凄く盛り上がったじゃないですか。
    みうら 盛り上がりました、盛り上がりました。あれ、「ウルトラマンが弥勒菩薩(みろくぼさつ)である」、っていう説は、
    町山 はい。
    みうら 小学校の時から唱えてたんだけど、
    町山 はい、はい。
    みうら 友達がどんどん、いなくなるから、
    町山 (笑)。
    みうら ちょっと控えてたけど、
    町山 はい。

    続きを読む
    スポンサーサイト
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『町山智浩解体新書』byみうらじゅん:第1部『童貞喪失前夜』【2008年3月15日みうらじゅんのサブカルジェッター第20回前半】

    ~Setup~
    2人のサブカル道は「そこのメガネ」から始まった

    みうら どうも、みうらじゅんと申します。「サブカルジェッター」20回目の放送でございます。この番組、長いことやってきましたけども、もうすぐしたら、野球が始まりますんでスッ!と撤退しますんで、聴き逃し無く、ということでございます。この番組は、私の友人とか知人を呼んでですね、その人の歴史を知ろう、ということです。その人の歴史を知る、っていうことは、もうそれがサブカルである、という決定づけをしようということで。やっぱり、普通の体育会系にいた人とか、そういう人は、あんまりサブカルの方に向かっていない、ということで。え~、小学校の頃からもう、初期の頃からチンチンをいじるのがとっても得意だった、とか、
    町山 (笑)。
    みうら 親の目を盗んで、とか。そういうことを得意としてた人が、先にサブカルになっていく、ということが良くわかった、という何ヶ月でございました。
    町山 (笑)。
    みうら はい。そういうことで、今夜のゲストは、なんと、アメリカから、TBSのお金を使って、
    町山 ハイ(笑)。
    みうら わざわざ呼ばれた、
    町山 ハイ。
    みうら 私の友人の中では唯一!
    町山 ハイ。
    みうら 凱旋帰国。
    町山 凱旋帰国・・・来日。
    みうら 来日・・・されました、映画評論家、合ってます?
    町山 いや、わかんない。いろんなことしてますから、ハイ。
    みうら 町山智浩さんでございます。
    町山 はい、町山です。
    みうら よろしくおねがいします。
    町山 はい、よろしくおねがいします。
    みうら 町山君です、よろしくどうも、
    町山 お久しぶりです。
    みうら お久しぶりです。
    町山 ねえ、2年前ですね・・。
    みうら はい、ばったり、
    町山 ばったり、新宿のゴールデン街で(笑)・・・ハイ。
    みうら 新宿のゴールデン街で会いました。ビックリしました。
    町山 ハイ。
    みうら その後、あの・・・ホームページみたいなのを書いてるでしょ?
    町山 ハイハイ。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    町山智浩が選ぶ『オレの人生を作った漫画、映画主題歌、トップ5!』【2012年1月3日 TBSラジオ ザ・トップ5】

     管理人のaCuriousManです。今回は2012年のお正月にTBSラジオで放送された『ザ・トップ5』に町山さんがゲスト出演された時のもので、バークレーにお住まいのT.Mさんからリクエスト頂いたのですが・・・。

     なんと!光栄な事に、ご本人様からのリクエストです。で、内容は町山さんの人生に多大な影響を与えた、漫画、映画、歌、について、おとそ気分も手伝ってかなりのハイテンションで紹介されています。

     結構マニアックな作品名などが出てきますので、記事の最後に解説等へのリンクを載せておきましたので、是非そちらも参考に読まれていただければ・・・と思います。それにしても、相変わらずスゴイ情報量だった~!!フウ…。

     それではまた、皆さんからのリクエストをお待ちしております~。もちろん、ご本人様からも!

  1. 出演者  安東弘樹(TBSアナウンサー) コンバットREC(映像コレクター、自称"ビデオ考古学者")
  2. ゲスト 町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  3. ~Setup~
    町山智浩が選ぶ「好きな映画主題歌トップ5」

    安東 さ、時刻は8時になりました。新感覚残業支援系ランキングトークバラエティー「ザ・トップ5」、火曜日は、映像コレクターでビデオ考古学者のコンバットRECさんと一緒で~す。
    REC  はい、どうもこんばんは。
    安東 こんばんは。ここからの1時間はゲストをお迎えしてお送りします。え~、お声や文章ではよく存じ上げているんですが、私はお会いするのは初めて、ということですね。
    町山 あ、よろしくお願いします。
    安東 あけましておめでとうございます。今年も・・・よろしくお願いします。
    町山 あ、今年もよろしくお願いします(笑)。
    安東 「今年は」?、はい、お願いします。え~、今夜は仲良しのコンバットRECさんも一緒なので、おとそ気分でのんびりとランキングトーク、お願いしたいと思います。え~、ちなみに・・・え~、後で聞きます。まずは8時台最初のランキング。今夜のゲスト、映画評論家、町山智浩さん御提供のこちら、町山智浩さんが選ぶ「好きな映画主題歌トップ5」!

    安東 第5位、三上寛「小便だらけの湖」。第4位、頭脳警察「ふざけるんじゃねえよ」。第3位、白竜「誰の為でもない」。第2位、遠藤ミチロウ「仰げば尊し」。そして第1位は・・・・麻里圭子「かえせ!太陽を」。

    安東 以上、今夜のスペシャルゲスト、町山智浩さんが選ぶ「好きな映画主題歌トップ5」でした!

    安東 さあ、ということで、今ですね、トップ5を町山智浩さんにですね、
    町山 はい。
    安東 やっていただきましたけども。
    町山 はい。
    安東 さ、これを見て行きましょう。まあ、まずはホントにあけましておめでとうございます、よろしくお願いします。
    町山 あけましておめでとうございます。ハイ。
    安東 もう、町山さん、私はですね、個人的にはですね、
    町山 はい。
    安東 よくぞ!『ホテル・ルワンダ』を・・・日本へと。[※1]
    町山 あ~(笑)。
    安東 もう、私はここだけで!尊敬してますけども・・・ここだけでも!
    町山 あ、そうですか(笑)。いえいえ。
    安東 お会いできて光栄でございます。
    町山 どうも、こちらこそ。ハイ。
    REC  正月早々、でも、町山さんとね、お会いできるなんて縁起がいいですねえ。
    安東 ホントですよねえ。
    町山 (笑)。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    町山智浩 電撃参戦!映画は『キャビン』【2013年2月15日TOKYO MX ニッポン・ダンディ 世界ダンディ研究所 THE MOVIE】

    Opening.png
    出演者 画像左から順に
     関谷亜矢子       元日本テレビアナウンサー
     水道橋博士       お笑い芸人、浅草キッド
     町山智浩        映画評論家、コラムニスト
     高橋ヨシキ       映画ライター
     モーリー・ロバートソン ジャーナリスト
     周 来友            ジャーナリスト、タレント
     ポール・マレ      モデル、タレント

    ~Setup~
    傑作メタホラー映画『キャビン』と、現代ホラー映画の基本『死霊のはらわた』

    関谷 世界ダンディ研究所ザ・ムービー。今日研究する映画はこちらです。
    Cabin1.png
    関谷 来月より公開の映画『キャビン』(The Cabin in the Woods)。女子大生デーナは友人に誘われ、仲間5人で山奥にある別荘にやってくる。そこで彼らは古びたノートを見つけ、綴られていた復活の呪文を口にしてしまう。この呪文によって惨劇を引き起こすとも知らずに・・・・。そんな彼らの行動は謎の組織により全て監視されており、5人はこの組織が描いたシナリオ通りに動かされていたのだ。呪文により蘇った怪物に襲われ、殺される順番も定番のシナリオに則り決定。謎の組織の思うがままに殺されていく若者たち。この組織の全貌とは?そして、彼らの運命はいかに。今日のダンディTHE MOVIEは映画『キャビン』より、ホラー映画を研究します。
    博士 さ、スタジオには呼んでないのに、映画評論家の町山智浩さん。
    町山 はい。
    博士 そして、映画ライターの高橋ヨシキさんを講師にお伺いしました。
    高橋 よろしくおねがいしま~す。
    町山 呼ばれてないのに来ました。スイマセン、急に、勝手に来ました(笑)。
    関谷 うわ~、いいですねえ。読んでなくても来てくださる方がいるっていうのは・・。
    博士 しかも、まともな格好をしてるじゃないですか!
    一同 (笑)。
    MachiHakase.png
    町山 呼ばれてない人がこういう格好をしてるって・・。
    博士 オレが浮くじゃないですか!
    一同 (笑)。
    博士 なんかやると思って、こっちもこうしてんですよ・・・。
    町山 いや、これ(キャビン)でコスプレ考えたけど難しくて。
    高橋 これは難しいですねえ。
    関谷 この間はテッドの格好でねえ、来ていただいたんですよねえ。
    町山 山小屋がこうなってるから、山小屋に顔が出てる、ってのも考えたけど、そういう物は無かったですね。ハイ。
    一同 (笑)。
    博士 はいはい、はい。町山さん、イベントの告知を。
    町山 あ、いきなりですか?
    博士 そうです・・・。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    アカデミー賞とは本当はいったい何なのか?【2013年1月18日TOKYO MX ニッポン・ダンディ 世界ダンディ研究所 THE MOVIE】

    みんな
    出演者 画像左から順に
     関谷亜矢子       元日本テレビアナウンサー
     水道橋博士       お笑い芸人、浅草キッド
     町山智浩        映画評論家、コラムニスト
     高橋ヨシキ       映画ライター
     モーリー・ロバートソン ジャーナリスト
     サヘル・ローズ     タレント
     ポール・マレ      モデル、タレント

    ~Setup~
    上杉が良くて、何故、西原がダメなのか?!・・と、きぐるみで叫ぶテッド町山

    博士 スタジオには映画ライターの高橋ヨシキさんを講師にお迎えしました。よろしくお願いしま~す。
    高橋 よろしくお願いしま~す。
    博士 悪魔主義者なんですけど・・・
    高橋 はい。
    博士 今日はですね、町山さん、来る予定だったんですけど、本番前にちょっとプロデューサーと揉めましてねえ・・・
    一同 あ~・・・(笑)!
    関谷 ちょっと今日の出演が危ぶまれているんですけどねえ、特別講師としてお呼びしているはずなんですけれど、町山さ~ん!
    博士 いらっしゃいます?
    関谷 いらっしゃいますか~?
    町山 あ、どうも・・・ハイ。
    一同 (笑)
    関谷 可愛い・・・
    博士 どうも、じゃないですよ~
    町山 大川プロデューサー、ちゃんとやれよー!な!
    一同 (笑)
    博士 なんでそんな、きぐるみまで用意してるんですか・・・
    高橋 出オチじゃないですか・・・
    関谷 ビックリしました(笑)・・・
    博士 さ、映画評論家の大御所、町山智浩さんです・・が!・・・あの~、こういう趣味でやってる訳じゃないんですよねえ?ちゃんとこれは、『テッド』(Ted)っていう映画・・・
    町山 趣味です!
    一同(笑)
    博士 趣味は趣味ですけど!・・・今日公開になったんですね、日本でね。
    町山 そうなんですよ、『テッド』。
    博士 町山さんは字幕を担当して、
    町山 字幕・・の監修ですね。
    博士 監修ですよね。
    町山 はい。
    博士 それが何故か大当たりしてるというですねえ。
    町山 なんか間違ってますね、ハイ。
    博士 間違ってますか・・(笑)、
    町山 なんか・・あの~、ぬいぐるみのカワイイ映画だと思って、女子高生とかが観に来てるらしいですけど、
    博士 (笑)・・・
    町山 でも『テッド』っていうのは、昔ぬいぐるみだったんですけど、そのまま40歳になってしまって、心はオヤジっていう、
    関谷 ねえ。コマーシャルでもやってますよね、オヤジなんですよねえ。
    町山 そうなんですよ。趣味は酒とマリファナとセクハラなんですよ。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。