スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『メリダとおそろしの森』(Brave) 長編アニメ賞ノミネート

    2013年1月10日に第85回アカデミー賞ノミネート発表がありました。こちらには、町山智浩さんが以前にノミネート作品関連について紹介してきた中から、主に御本人のトーク部分のみを抜粋、一部再構成して掲載します。

    ノミネート部門

    長編アニメ賞

    2012年6月26日『たまむすび』より

     今回、女の子向けのアニメなんです。ピクサーって映画会社は、ずっとアニメーションを作ってきて、もう12作目ってなるんですけれども、今回初めて、女の子が主人公のアニメです。ピクサーって、『トイ・ストーリー』(Toy Story)で始まるんですけれども、その後、『モンスターズ・インク』(Monsters Inc.)とか『カールじいさんの空飛ぶ家』(Up)とか、順番めちゃくちゃですけども(笑)・・・『Mr.インクレディブル』(The Incredibles)とか『WALL・E/ウォーリー』(WALL-E)とか『カーズ』(Cars)とかですねえ、ずっと作ってきたんですが、全部、男が主人公なんです。

     これは、理由がハッキリあって、ピクサーって会社がディズニーと徹底的に違ったのは、作り手の人達自身の持っているテーマを映画に盛り込む、っていうことをやってきたんです、積極的に。だから、子供のために話をでっち上げるってことをしなかったんですよ。作ってる人達は、30、40の、コンピュータグラフィックスをするアニメーターの人達ですけれども、その人達自身が個人的に抱えている問題を子供向けの話にしていく、っていう作業をするんです。

    続きを読む
    スポンサーサイト
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『メリダとおそろしの森』(Brave) 母娘一緒に観て欲しい、中世スコットランドが舞台の現代風お姫様アニメ【2012年6月26日たまむすび】

  1. スタジオ  赤江珠緒(フリーアナウンサー) 山里亮太(お笑い芸人、南海キャンディーズ)
  2. 電話出演 町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  3. ~Setup~
    ピクサーのアニメーションの作り方と作品のテーマに隠された秘密

    赤江 もしもし~、こんにちは、町山さん。
    町山 はい、町山です。よろしくお願いします。
    山里 お願いします~す。
    町山 はい、どうもです。
    赤江 え~、いつも町山さんに近況を伺ってるんですが、今週は特に、「無い」という風に、業務連絡、伺っております。
    町山 (笑)
    赤江 これでよろしかったでしょうか?
    町山 いつももう、ホントに、締切に追われてるだけで、何も無いです、ハイ。
    山里 今、バタバタしてる時期なんですよ、町山さん。
    赤江 ねえ。大変お忙しい、ということですけれども。町山さん、そんな中で、今週ご紹介頂ける映画というのは、どんな映画なんでしょうか?
    町山 あのね、ピクサーの新作ですね。
    山里 はい。
    町山 『メリダとおそろしの森』(Brave)っていう日本語タイトルがついてますが。ハイ、アニメーションです。
    赤江 あ~、はいはい。
    山里 今、日本でもCMがバンバン流れてますよね?
    町山 あ、そうなんですか?
    山里 結構流れてます、今。
    赤江 ええ、流れてます、流れてます。
    町山 こっちはねえ、えっと・・・先週公開が始まって、娘と行って来ました。
    赤江 あ!
    山里 なるほど、娘さんと。
    赤江 ねえ。
    山里 Kポップ大好きな娘さん。
    町山 (笑)・・・、これねえ、女の子向けのアニメなんですよ、今回。
    山里 へ~。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。