スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    故・深作欣二監督インタビュー【ウエイン町山のモンドUSA2003年2月配信】

     今回の記事は、今からちょうど10年前、2003年の2月、深作欣二監督御逝去直後に『モンドUSA』で配信された音源です。記事内の深作監督へのインタビューはその更に2年前、2001年、セプテンバーイレブン以前のハリウッドでのものです。

     インタビュー部分の音源の録音状態が悪く聞き取り不能な部分が多かったので、同伴者の英語質問の部分は通訳部分のみに割愛させて頂きました。―― 部は通訳の方の発言、町山さんの質問部分だけ明示いたしました。

     また、音声中には故人への批判となる発言や、今現在、町山さんが心の師と仰ぐビート某さんへの批判もありましたが、当時の日本(映画界のみならず日本全体)を覆っていた不穏な空気への町山さんの憤りが表れていると思い、あえてそのまま文字におこしました。(深作監督が亡くなられた直後ということもあり、かなり感情的になられている部分もあったのではではないかと推察されますが・・・)

     ただ、深作監督と町山さんの対談、それ自体が非常に貴重であり、特に深作監督のメッセージと、それを代弁する町山さんの解説には胸を打たれるものがあり、個人的には、町山さんのコラムの中でもベスト3に入るものだと思っております。

     前半のゴールデングローブ賞の解説も面白く、最近は一般メディアへの出演も増えて超ご多忙な町山さんですが、またこういった『モンド』なじっくりトーク物も復活させて欲しいですね~。(映画特電もすっかり御無沙汰ですし)

                  ― 2013/02/10 aCuriousuMan ―

    ~Setup~
    2003年第60回ゴールデングローブ賞発表

    アカデミー賞とゴールデングローブ賞の違い

     はい、町山智浩です。今週もよろしくおねがいします。・・というわけで、アメリカではゴールデングローブ賞が発表になったんですけれども、ゴールデングローブ賞というのはニューヨークの映画批評家が選んだ賞で、これが、大体まあ、これから発表されるアカデミー賞の目安になるんじゃないか、って言われてるんで、結構注目されてるんですが。

     ま、アカデミー賞っていうのは、ハリウッドの映画業界の人達が内輪で選ぶ賞なんで実はあんまり当てにならないんですよ。1番有名なんですが、別に、良い映画が選ばれるわけじゃないんです。

     内輪で人気のある人。要するにハリウッドの俳優とか、監督とか、プロデューサーとかの中で人気がある人が賞を獲っちゃう、っていうね。だから、あの、ホントに良い映画で、結構難しい映画だったり、ハリウッドに対して批判的だったりする映画ってのはなかなか賞を獲りにくかったりするんですね。ホントに内輪な賞なんで。

     で、それに比べてこのゴールデングローブ賞っていうのは、批評家が選ぶんで、もうちょっと客観的なんで、少し、内容的には信用できる、って言われてるんですが。日本ではゴールデングローブ賞を獲ったかどうか全然わからない、というか、ゴールデングローブっていったい何なのかが全然わからない、っていう人が多いんですけども。

     グローブ、ってのは手袋じゃないですからね。これは、あの、地球の形をしてるんですが、グローブってのは地球のことで「金色の地球」、なんですね。それでも何言ってるかわからない(笑)ですが。

    続きを読む
    スポンサーサイト
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『アルゴ』(Argo)はベンの立ち直りの映画だ!【2012年10月16日たまむすび】

    映画本編解説部分の抜粋記事はこちら⇒
    『アルゴ』(Argo) 作品賞 編集賞 他計7部門ノミネート

  1. スタジオ 赤江珠緒(フリーアナウンサー) 山里亮太(芸人、南海キャンディーズ) 羽鳥慎一(フリーアナウンサー)
  2. 電話出演 町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  3. ~Setup~
    アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない 』1番売れた、町山の著書

    赤江 もしもし~、町山さ~ん、
    町山 はい、町山です。
    山里 まちやまさ~ん、
    赤江 よろしくお願いしま~す。
    山里 お願いしま~す。
    赤江 今日は羽鳥慎一さんも御一緒です。
    羽鳥 よろしくお願いします。
    町山 あ、初めまして、よろしくお願いします。
    羽鳥 初めまして、お願いします。
    町山 どうも~。
    赤江 町山さん、ホントにお忙しい日々の中、毎週のように新刊のお知らせをさせて頂いているような気がするんですが・・・
    町山 アハハ・・あ、プレゼントをね。
    赤江 今週もまたね、されましたね。
    町山 はい。またちょっと文庫なんですけど、これはもう結構前に出た本で、かなり売れた、一番売れた本ですよ、僕の本の中で。
    赤江 お!
    山里 へ~!
    赤江 一押しの・・・これねえ、『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない 』というタイトル・・・
    羽鳥 え?
    町山 そうなんですよ。
    赤江 これショッキングなタイトルですよ。
    町山 あの~、まあ、アメリカに住んでる人達っていうのは、ニューヨークとか、ロサンゼルスとか、僕の住んでるサンフランシスコあたりとか、そういった所にばっかり住んでる気がするじゃないですか、日本の人から見ると。
    山里 はい、はい。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。