スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『メリダとおそろしの森』(Brave) 長編アニメ賞ノミネート

    2013年1月10日に第85回アカデミー賞ノミネート発表がありました。こちらには、町山智浩さんが以前にノミネート作品関連について紹介してきた中から、主に御本人のトーク部分のみを抜粋、一部再構成して掲載します。

    ノミネート部門

    長編アニメ賞

    2012年6月26日『たまむすび』より

     今回、女の子向けのアニメなんです。ピクサーって映画会社は、ずっとアニメーションを作ってきて、もう12作目ってなるんですけれども、今回初めて、女の子が主人公のアニメです。ピクサーって、『トイ・ストーリー』(Toy Story)で始まるんですけれども、その後、『モンスターズ・インク』(Monsters Inc.)とか『カールじいさんの空飛ぶ家』(Up)とか、順番めちゃくちゃですけども(笑)・・・『Mr.インクレディブル』(The Incredibles)とか『WALL・E/ウォーリー』(WALL-E)とか『カーズ』(Cars)とかですねえ、ずっと作ってきたんですが、全部、男が主人公なんです。

     これは、理由がハッキリあって、ピクサーって会社がディズニーと徹底的に違ったのは、作り手の人達自身の持っているテーマを映画に盛り込む、っていうことをやってきたんです、積極的に。だから、子供のために話をでっち上げるってことをしなかったんですよ。作ってる人達は、30、40の、コンピュータグラフィックスをするアニメーターの人達ですけれども、その人達自身が個人的に抱えている問題を子供向けの話にしていく、っていう作業をするんです。

    続きを読む
    スポンサーサイト
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『メリダとおそろしの森』(Brave) 母娘一緒に観て欲しい、中世スコットランドが舞台の現代風お姫様アニメ【2012年6月26日たまむすび】

  1. スタジオ  赤江珠緒(フリーアナウンサー) 山里亮太(お笑い芸人、南海キャンディーズ)
  2. 電話出演 町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  3. ~Setup~
    ピクサーのアニメーションの作り方と作品のテーマに隠された秘密

    赤江 もしもし~、こんにちは、町山さん。
    町山 はい、町山です。よろしくお願いします。
    山里 お願いします~す。
    町山 はい、どうもです。
    赤江 え~、いつも町山さんに近況を伺ってるんですが、今週は特に、「無い」という風に、業務連絡、伺っております。
    町山 (笑)
    赤江 これでよろしかったでしょうか?
    町山 いつももう、ホントに、締切に追われてるだけで、何も無いです、ハイ。
    山里 今、バタバタしてる時期なんですよ、町山さん。
    赤江 ねえ。大変お忙しい、ということですけれども。町山さん、そんな中で、今週ご紹介頂ける映画というのは、どんな映画なんでしょうか?
    町山 あのね、ピクサーの新作ですね。
    山里 はい。
    町山 『メリダとおそろしの森』(Brave)っていう日本語タイトルがついてますが。ハイ、アニメーションです。
    赤江 あ~、はいはい。
    山里 今、日本でもCMがバンバン流れてますよね?
    町山 あ、そうなんですか?
    山里 結構流れてます、今。
    赤江 ええ、流れてます、流れてます。
    町山 こっちはねえ、えっと・・・先週公開が始まって、娘と行って来ました。
    赤江 あ!
    山里 なるほど、娘さんと。
    赤江 ねえ。
    山里 Kポップ大好きな娘さん。
    町山 (笑)・・・、これねえ、女の子向けのアニメなんですよ、今回。
    山里 へ~。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『シュガーラッシュ』(Wreck-It Ralph) 長編アニメ賞ノミネート

    2013年1月10日に第85回アカデミー賞ノミネート発表がありました。こちらには、町山智浩さんが以前にノミネート作品関連について紹介してきた中から、主に御本人のトーク部分のみを抜粋、一部再構成して掲載します。

    ノミネート部門

    長編アニメ賞

    2012年11月6日『たまむすび』より

     今日は、『シュガーラッシュ』(Wreck-It Ralph)というタイトルのディズニーアニメです。 これは、え~『エクスペンダブルズ』みたいなものです(笑)。『エクスペンダブルズ』は80年代、90年代のアクションヒーローで、今仕事が無い人達があつまってるんですけども(笑)、これはゲームなんですよ。・・ゲームの、80年代、90年代の人達がいっぱい出てくる映画なんですね。

     で、言ってわかるかな?と思うんですけども(ストリートファイターの)ザンギエフが出てきます、ザンギエフ!ロシア人のプロレスですねえ。で、ベガとかソニックの悪役の爺さんとか、名前がパッと出ませんけども(笑)。あと『Q*バート』。『Q*バート』ってスゴイ懐かしい3Dゲームがあったんです、昔。そういう、ま、、渋いとこをついてくるんですけど、あと、パックマンで後ろから追っかけてくるオバケがいるじゃないですか。「ワニャワニャワニャワニャ」って・・・。ああいうのとかがいっぱい出てくる、ゲーム界のエクスペンダブルズを集めた映画が『シュガーラッシュ』なんですよ(笑)。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『ここは赤坂応接間』前半【2012年11月11日TBSラジオ爆笑問題の日曜サンデー】

  4. スタジオ 江藤愛(アナウンサー、TBS) 太田光、田中裕二(お笑い芸人、爆笑問題)
  5.            町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  6. ~Setup~
    町山智浩と爆笑問題太田光との出会い~話は20年前に遡る~

    田中 TBSラジオ爆笑問題日曜サンデー『ここは赤坂応接間』、本日のお客様は映画評論家の町山智浩さんです。どうも、こんにちは。
    町山 あ、どうも、よろしくお願いします。
    太田 ご無沙汰しております。
    町山 ご無沙汰してます。
    田中 僕と愛ちゃんは、始めましてですよね。
    江藤 はい、始めましてです。
    町山 どうも、始めまして。
    田中 大田さんは、昔会ったことがある・・・
    太田 だから・・・今、映画評論家って、私は全然、映画評論家のイメージじゃないですから。編集の担当の方という・・
    田中 ・・と言うのは?
    町山 あれはだから・・93、4年ぐらい・・
    田中 もう、20年近く前。
    町山 はい、『宝島30』っていう雑誌の編集者だったんですけども、そこで穂原さんていう・・
    田中 「ホネホバラ(?)」(笑)
    太田 今だに私の担当をやってます。
    田中 穂原さんはもう、よく知ってます。
    町山 まだやってますか!
    太田 やってます。
    町山 で、穂原さんと僕とで、太田さんの連載を始めようってことでもって、四谷かなんかのスゴイ汚い喫茶店で・・地下かなんかのね(笑)
    太田 そうそう・・(笑)
    町山 どういう連載にしようかっていう、連載の型?フォーマットみたいなものを打ち合わせをして決めたんですよ。
    田中 『日本言論』ですね?
    太田 そう、それが僕が初めてやった連載です。『宝島30』でね。
    町山 そうなんですよ。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    ディズニーに買われたスター・ウォーズ【2012年11月6日TBSラジオニュース探求ラジオDig】

  7. スタジオ 外山恵理(TBSアナウンサー) 神保哲生(ジャーナリスト) 速水健朗(ライター)
  8. 電話出演 町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  9. 番組テーマ  「世界のエンターテイメントの支配者、ディズニー帝国。繰り返される買収の先にある野望は何か」
    ※町山智浩出演部分のみテキスト化※

    ~Setup~
    本場アメリカの『スター・ウォーズ』ファンの反応

    外山 ・・・さて、続いてですね、今回のルーカス・フィルムの買収劇についてなんですが、じゃあアメリカではどういう風に思われてるのか?なんていうことを伺っていきたいと思っています。・・・え~、アメリカに住んでいらっしゃる映画評論家、町山智浩さんです。もしもし、
    町山 はい、町山です。
    外山 こんばんは、よろしくお願いします。
    町山 こんばんは、よろしくお願いします。
    外山 こんな質問が来ておりまして、三重県の「まこちゃん」さん。「今回の、ディズニールーカス・フィルムを買収して、新たに『スター・ウォーズ』(Star Wars)を製作することに、世界中のスター・ウォーズファンはディズニーの買収とスター・ウォーズの新作の製作に対して賛否両論になっていると。コアなスター・ウォーズファンがたくさんいる本場なアメリカでは、今回の買収と新作の製作に対してどのような反応をしているんでしょうか?教えて欲しいです。」まず、このあたり、どうでしょうか?
    町山 えっと、物凄いコアなファンとコアじゃないファンがいるんですけども、コアなファンは喜んでますよ。すごいコアな人達は。
    外山 あ、喜んでるんだ・・
    神保 あ、そう?・・・それはなぜ??
    町山 ジョージ・ルーカスが映画監督としての才能があんまりなかったからなんですね。
    速水 (笑)・・・
    外山 え~?!
    神保 (笑)・・・そういうことか・・
    町山 あの・・あの人は、演出ができないんですよ。・・俳優の。
    外山 あら・・
    神保 はい、はいはい。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。