スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『ザ・セッションズ』(The Sessions) 助演女優賞ノミネート

    2013年1月10日に第85回アカデミー賞ノミネート発表がありました。こちらには、町山智浩さんが以前にノミネート作品関連について紹介してきた中から、主に御本人のトーク部分のみを抜粋、一部再構成して掲載します。

    ノミネート部門

    助演女優賞   ヘレン・ハント
    

    2012年10月9日『たまむすび』より

     今月は、もう10月に入ったんで、10、11月12月に公開される映画はアカデミー賞狙いなんですよ。早くもそのレースに入るだろうと言われている映画で『ザ・セッションズ』(The Sessions)というタイトルの映画を紹介します。セッションていうのは、これ日本語にしにくいんで難しいですけど、カウンセラーの人に会ったりするのはSessionですね。JAZZとかのセッションでも言いますけれども、精神分析医の人に会ったりするのをこの場合、Sessionと呼んでいるんです。

     この映画は実話です。僕がこれにちょっと注目したのは、これ、うちの近所の話なんですよ。僕が住んでるバークレーが舞台で、ロケもバークレーでやってて、映画見てると近所ばっかり映ってて変な気持ちになる映画だったんですけども。そこに、バークレーに住んでいた、エッセイとかコラムとか詩を書いたりする、マーク・オブライエンさんという人がいたんですね。その人の自伝の映画化です。

     このマークオブライエンさんて人は、いわゆる日本で小児麻痺と言われていたポリオにかかっちゃった人なんです。ポリオっていうのは、筋肉が筋ジストロフィーみたいな感じで萎縮して動かなくなっちゃうんです、麻痺して。足だけだったりする人とか、いろんなところ、やられる場所がみんな違うんですけど、これは感染症で子供の頃に感染してかかっちゃう病気なんですね。

    続きを読む
    スポンサーサイト
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    『ザ・セッションズ』(The Sessions)アカデミー賞シーズン到来!トップバッターはこの映画【2012年10月9日たまむすび】

  1. スタジオ 赤江珠緒(フリーアナウンサー) 山里亮太(芸人、南海キャンディーズ)
  2. 電話出演 町山智浩(映画評論家、コラムニスト)
  3. ~Setup~
    大統領選まで1ヶ月、そして新刊『教科書に載ってないUSA語録』発売

    赤江 町山さん、アメリカはねえ、オバマさんがちょっと、劣勢とかいう情報も入ってきてるんですが・・・
    町山 オバマさんねえ・・・この間、ディベートをやったんですね、討論会。
    赤江 ええ
    町山 もう、全然ダメだったんですよ。
    赤江 ああ、そうなんですか。
    山里 へえ~・・
    町山 しどろもどろで。
    山里 一回のしどろもどろで、そんなにガラっと形勢が変わるものなんですか?
    町山 まあ、ガラっとは変わらないんですけどもね。
    山里 あ、なるほどなるほど、ちょっと、ロムニーさんが盛り返してきたと。
    町山 そう。結構ねえ、つらつらつらっと喋って、自分に不利なことは全然突っ込まないでって感じでですね、上手かったですよ。
    赤江 へえ~・・そうですか・・・。
    町山 オバマさん、自分で結構ね、自虐的に、全然オレ駄目だった~みたいなこと言ってギャグにしてますけどね、今ね。
    赤江 ほお~、ま、動じてないぞという感じかもしれませんけどね、町山さんにはそういったねえ、アメリカの選挙の話も教えていただきましたけれども・・・
    町山 はい、あの~、本が出まして・・
    赤江 本が!
    山里 町山さん、どんだけ書くんですか!
    町山 もう、どんどん出てますよ、はい。
    山里 すごい!
    赤江 新刊ラッシュです。
    町山 はい、先週出たんですけれども、『教科書に載ってないUSA語録』っていうですね、タイトルで、あの~、これ、ユーエスエーって読んでくださいね。
    赤江 はい。
    町山 ウサじゃないですからね。

    続きを読む
    町山智浩 映画 FC2 Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。